ホーム > 商品詳細

丸善のおすすめ度

思想としての<共和国>~日本のデモクラシーのために~ 増補新版

レジス・ドゥブレ, 樋口 陽一, 三浦 信孝, 水林 章, 水林 彪  著

在庫状況 なし  お届け予定日 10日間  数量 冊 
価格 \4,536(税込)         

発行年月 2016年06月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 3p,352p
大きさ 20cm
ジャンル 和書/社会科学/政治学/政治思想史・政治理論
ISBN 9784622079989
商品コード 1020490436
NDC分類 311.04
基本件名 政治思想
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2016年07月5週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1020490436

内容

「日本国憲法の根底にあるのは実は「市民的公共権力による自由」を追求する共和国の精神なのであり、にもかかわらずその解釈と運用は、初発の美濃部憲法学のときからしてすでにそこからの逸脱であり、「国家からの自由」への横滑りであった…」(「あとがき」)安全保障関連法が施行されたなか、旧版で集い、市民社会と法思想を論じた著者は、再び日本の民主主義を問い直すために結集した。主権は、われわれ国民にある、近代国家を否定する相手と闘い、壊れゆく日本社会を救う手立てを考えなければならない、と。フランスの〈共和国〉思想から何を学び、日本のデモクラシーにどう活かすのか。そして、日本社会の独自性を問い、いかに問題提起をなすべきかを論ずる。法、社会、政治、思想…いまこそ、日本の民主主義をあらためて問わねばならない。「すべては、人民をつくる政治的結合からはじまる」(水林章)、「比較憲法史論の視座転換と視野拡大」(水林彪)、「水林彪論稿に寄せて」(樋口陽一)、「「増補新版」のためのあとがき」(水林章)、以上四稿が増補に際する新稿、計70頁。

目次

著者紹介

レジス・ドゥブレ(著者):1940年パリ生まれ。作家、思想家。80年代にはフランス、ミッテラン大統領の外交顧問をつとめた。
樋口 陽一(著者):1934年仙台市生まれ。国際憲法学会名誉会長。

カート

カートに商品は入っていません。