ホーム > 商品詳細

書評掲載
丸善のおすすめ度

人工知能のための哲学塾

三宅 陽一郎  著

在庫状況 なし  お届け予定日 2週間  数量 冊 
価格 \2,592(税込)         

発行年月 2016年08月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 317p
大きさ 21cm
ジャンル 和書/理工学/情報学/人工知能
ISBN 9784802510172
商品コード 1021938116
NDC分類 007.13
基本件名 人工知能
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2016年09月3週
書評掲載誌 毎日新聞 2017/01/15
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1021938116

内容

「人工知能は、いつ主観的世界を持ち始めるのか?」本書はこの問いを巡って、人工知能を成り立たせるための哲学・思想的背景(工学やコンピュータサイエンスではなく)について、ゲームAI 開発者として数多くの実績のある三宅陽一郎氏が解説する一冊です。人工知能は「私」というものを持ちうるのか? そうならばそれはいかにしてか? 「世界」とは何か? そして「身体」とは何か? 人間の世界認識/自己認識の軌跡を濃密に辿りながら人工知能に迫ります。Facebook で1,500 人が参加するコミュニティ「人工知能のための哲学塾」にて開催されてきた連続夜話が待望の書籍化! 他の人工知能本とは一線を画する内容です。ぜひご注文ください!

著者紹介

三宅 陽一郎(著者):東京大学大学院工学系研究科博士課程を経て、人工知能研究の道へ。国際ゲーム開発者協会日本ゲームAI専門部会チェア、日本デジタルゲーム学会理事、芸術科学会理事、人工知能学会編集委員。

カート

カートに商品は入っていません。