ホーム > 商品詳細

丸善のおすすめ度

見る目が変わる博物館の楽しみ方~地球・生物・人類を知る~(BERET SCIENCE)

矢野 興一  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \3,024(税込)         

発行年月 2016年10月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 435p
大きさ 21cm
ジャンル 和書/理工学/自然科学/自然科学
ISBN 9784860644901
商品コード 1022100577
NDC分類 406.9
基本件名 科学博物館
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2016年12月1週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1022100577

内容

博物館の展示の裏側を知れば、見方が変わり、もっと楽しめる!植物や動物、昆虫、菌類、古生物、鉱物・隕石などの分野の専門家が、博物館の展示の背景を徹底的に解説します。分類のしかた、進化の歴史、生きものの生態など、展示から何が読みとれるのかイチから説明!また、標本や剥製、レプリカなどのつくり方から展示の工夫まで、ふだんは見られない博物館の裏側も紹介します。第1章は、博物館の歴史や展示のラベルなど、博物館の基礎知識を解説します。第2章は、地球の歴史、宇宙の歴史を知る手掛かりになる、鉱物と隕石を紹介します。第3章は、古生物です。恐竜やアンモナイト、三葉虫などが登場します。第4章は、博物館が菌類をどのように標本にしたり、収集したりしているか、裏側を見ていきます。第5章は、植物の話です。植物園と違って、博物館には生きている状態の植物は保管されていません。植物と博物館の関係に迫ります。第6章は、昆虫の登場です。昆虫好きにはたまらない、展示の背景を徹底的に解説します。第7章は、魚類について見ていきます。採集や標本作成が困難な魚類。これを読めば展示の見方も変わるはず。第8章は、両生類や爬虫類、鳥類、哺乳類といった動物について解説します。展示の見方、楽しみ方をたくさん紹介します。第9章は、人類のたどってきた道を調べる考古学です。人類の歴史や進化について考えます。このように本書の範囲は多岐にわたり、内容も盛りだくさんです。地球や生物について理解を深めたい方に最適な一冊です。

目次

著者紹介

矢野 興一(著者):岡山理科大学大学院修了・博士(学術)。同大学生物地球学部講師。専門は植物系統進化・系統分類学。著書に「観察する目が変わる植物学入門」がある。

カート

カートに商品は入っていません。