ホーム > 商品詳細

書評掲載
丸善のおすすめ度

村上春樹と私~日本の文学と文化に心を奪われた理由~

ジェイ・ルービン  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \1,620(税込)         

発行年月 2016年11月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 228p
大きさ 20cm
ジャンル 和書/人文科学/文学/日本文学
ISBN 9784492062029
商品コード 1022881317
NDC分類 910.26
基本件名 日本文学-歴史-近代
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2016年12月3週
書評掲載誌 産経新聞 2016/12/04、毎日新聞 2017/02/12
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1022881317

内容

「私は完全に村上作品に魅了されたのだ。専門的な学者としてよりも一個人として、ただのファンとして、村上作品に夢中になった」――日本の近代文学の研究者であり、ハーバード大学教授であったジェイ・ルービン氏。ひょんなことから、当時話題になっていた村上春樹作品『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を読んで、度肝を抜かれたという。それ以来、村上作品のファンとなり、村上作品を世界に紹介する翻訳者となっていく。本書は、『1Q84』『ねじまき鳥クロニクル』をはじめとする村上春樹作品、夏目漱石『三四郎』、芥川龍之介『羅生門』など数多くの日本文学を翻訳し、その魅力を世界に紹介したジェイ・ルービン氏が、村上春樹さんとの出会いと交流、日本文学の翻訳の難しさ、そして愛する日本のことを綴る好著である。

目次

著者紹介

ジェイ・ルービン(著者):1941年ワシントンD.C.生まれ。ハーバード大学名誉教授、翻訳家。芥川龍之介、夏目漱石などの日本を代表する作品の翻訳多数。著書に「日々の光」「ハルキ・ムラカミと言葉の音楽」など。

カート

カートに商品は入っていません。