ホーム > 商品詳細

書評掲載
丸善のおすすめ度

経営継承の鎖

松田 真一  著

在庫状況 なし  お届け予定日 2週間  数量 冊 
価格 \1,944(税込)         

発行年月 2018年02月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 201p,19p
大きさ 20cm
ジャンル 和書/社会科学/経営学/各国の経営事情・経営史
ISBN 9784532321871
商品コード 1026934411
NDC分類 335.21
基本件名 経営
本の性格 実務向け
新刊案内掲載月 2018年04月
書評掲載誌 朝日新聞 2018/04/07
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1026934411

内容

バブル崩壊後20年以上続いた日本のデフレ不況。1990年代末、ダイエー、三洋電機、山一證券などが経営破綻に追い込まれた。2000年以降、日本を代表する巨大企業も相次いで過去最大の赤字に陥った。いずれも経営継承を機に、長年の企業体質のひずみが顕在化した結果だ。今や巨大企業といえども、歴代盛衰を繰り返すのは当たり前のようになった。ところが同じ時代、経営継承を機に衰退することなく、代々成長を積み重ねてきた企業もある。トヨタ自動車、ブリヂストン、三菱電機、アサヒグループHDなどは、歴代社長期ごとに着実に時価総額を上げてきた。こうした企業を「歴代成長」企業と呼びたい。歴代盛衰を繰り返す企業と、「歴代成長」企業――。人材や仕組みに大差のない巨大企業が継承後の盛衰を分けてきたのはなぜか。この問いに「犯人探しではなく構造を解き明かす」のが本書のテーマである。謎を解く鍵は、企業DNAに刻まれた組織の記憶と感情にある。それは、歴代の経営慣習によって積み重なり、無自覚に人々の意識や行動を縛って企業体質のひずみを生む。そこには複雑に絡み合った鎖のかたまりのような構造があるが、その中から盛衰のパターンを見出していく。

目次

著者紹介

松田 真一(著者):筑波大学国際関係学類卒業(国際法)。野村総合研究所未来創発センター上席コンサルタント。日本証券アナリスト協会検定会員。筑波大学客員講師。

カート

カートに商品は入っていません。