ホーム > 商品詳細

書評掲載
丸善のおすすめ度

ファシスト的公共性

佐藤 卓己  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \2,808(税込)         

発行年月 2018年04月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 8p,319p,17p
大きさ 20cm
ジャンル 和書/人文科学/心理学/社会心理
ISBN 9784000612609
商品コード 1027190821
NDC分類 361.46
基本件名 プロパガンダ-歴史
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2018年05月
書評掲載誌 毎日新聞 2018/05/20、読売新聞 2018/07/01
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1027190821

内容

理性的討議にもとづく合意という市民的公共性を建て前とする議会制民主主義のみが民主主義ではない。ナチスの街頭行進や集会、ラジオの聴取が可能にした一体感や国民投票は、大衆に政治的公共圏への参加の感覚を与え、一九世紀とは異なる公共性を創出した。メディア史の視座から日独の戦中=戦後期を比較し、現在の問題を照射する。

著者紹介

佐藤 卓己(著者):1960年生まれ。京都大学大学院博士課程単位取得退学。同大学大学院教育学研究科教授。専攻はメディア史、大衆文化論。著書に「現代メディア史」「『キング』の時代」など。

カート

カートに商品は入っていません。