ホーム > 商品詳細

丸善のおすすめ度

金融グローバル化のリスク~市場の不安定性にどう対処すべきか~

荒巻 健二  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \4,104(税込)         

発行年月 2018年04月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 311p
大きさ 22cm
ジャンル 和書/社会科学/経済学/金融
ISBN 9784532134792
商品コード 1027320329
NDC分類 338.9
基本件名 国際金融
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2018年06月1週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1027320329

内容

マネーの流れに潜む危機の予兆国際金融市場のアキレス腱に迫る!◆アジア通貨危機、世界金融危機、欧州債務危機を題材に、国際金融危機に至る実体経済と政府・金融当局の動きを、膨大な記録から丹念に読み解き、発生の原因と実相を分析。国際的資本フローの不安定性への実効性のある対応策を検討する。◆著者は大蔵省(現財務省)やIMFにおいて国際金融の経験を積んだのち、研究者に転じた。本書はIMFや各国金融当局の一次資料に基づいた分析の成果であり、国際金融危機研究の定番書となるであろう。第1章 グローバル化のベネフィットとコスト・リスク――金融グローバル化の成長促進効果は確認されていない第2章 アジア通貨危機――資本取引自由化はリスクを伴う第3章 世界金融危機――金融の不安定性からは先進国も無縁ではない第4章 欧州債務危機――現代の危機は伝染こそ問題第5章 金融グローバル化の推進役――これまで誰が推進してきたのか第6章 金融グローバル化のリスクへの対応策――非伝統的な政策手段(資本規制、PSI)の必要性終章 金融セクターの使命参考資料

目次

著者紹介

荒巻 健二(著者):1952年東京生まれ。オックスフォード大学大学院経済学修士。京都大学博士(経済学)。東京大学名誉教授、東京女子大学特任教授。著書に「アジア通貨危機とIMF」など。

カート

カートに商品は入っていません。