ホーム > 商品詳細

新刊
丸善のおすすめ度

善と悪の経済学<続> 資本主義の精神分析(電子版/PDF)

トーマス・セドラチェク, オリヴァー・タンツァー  著

森内 薫, 長谷川 早苗  翻訳
    数量 冊 
価格 \3,672(税込)         
 定価商品

発行年月 2018年05月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 EBOOK
ファイル形式 PDF
ページ数/巻数 14p,379p,52p
ジャンル 和書/社会科学/経済学/経済学説・経済思想
商品コード 1028020124
NDC分類 331.2
基本件名 経済思想-歴史
新刊案内掲載月 2018年06月
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1028020124

内容

話題書『善と悪の経済学』の衝撃ふたたび!チェコの鬼才経済学者セドラチェクが、古代の神話から資本主義の未来を語る。


【eBookご利用の注意点】この商品をご利用するには、ソフトウェア「CypherGuared PDF」が必要です。eBookご利用案内からダウンロードしてインストールを行い、サンプルファイルで稼動確認された上でご利用ください。●動作環境はこちらでご確認ください。 ●同一ライセンスIDでの利用端末数3台まで ●TEXT/画像コピー不可 ●印刷不可 ●その他ご利用条件については、ご利用規約をご確認ください。
※この商品のご購入は、個人の方が対象となります。図書館・図書室ではご購入いただけません。

目次

著者紹介

トーマス・セドラチェク(著者):1977年生まれ。チェコ共和国の経済学者。CSOBマクロ経済担当のチーフストラテジスト。
オリヴァー・タンツァー(著者):1967年オーストリア生まれ。『Die Furche』紙の副編集長、外交・経済部門リーダー。

カート

カートに商品は入っていません。