ホーム > 商品詳細

新刊
丸善のおすすめ度

エマソンと社会改革運動

西尾 ななえ  著

在庫状況 なし  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \2,700(税込)         

発行年月 2018年10月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 215p,17p
大きさ 20cm
ジャンル 和書/人文科学/文学/イギリス文学
ISBN 9784779125164
商品コード 1028022685
NDC分類 930.268
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2018年11月
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1028022685

内容

人間精神の自由と平等を標榜し、 19世紀アメリカ・ルネッサンス期を代表する思想家、 ラルフ・ウォルドー・エマソン(1803-82)。 「自己信頼」を信条に個人主義を貫くエマソンは、 アメリカ社会発展のシンボルとされ、 社会改革者としての側面は見過ごされてきた。 「自己信頼」にもとづく個人主義と、社会に対する責務で 葛藤するエマソンは、自然科学、とくに進化論をとおして、 自身の改革思想を形成していく。 本書では、主に進化、人種、ジェンダーの視座から、 エマソンの社会改革思想を包括的に検証し、 さらに、奴隷制廃止運動と女性解放運動といった、 当時の社会改革運動とエマソンの関わりを詳述、 社会改革者としてのエマソンを再評価する。 また、エマソンの家庭、 マーガレット・フラーやヘンリー・D・ソローとの交友関係にも焦点をあて、 思想の実践も考察する。

目次

著者紹介

西尾 ななえ(著者):津田塾大学大学院文学研究科後期博士課程満期退学。博士(文学)。神奈川大学非常勤講師。

カート

カートに商品は入っていません。