ホーム > 商品詳細

新刊 書評掲載
丸善のおすすめ度

オスマン帝国~繁栄と衰亡の600年史~(中公新書 2518)

小笠原 弘幸  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \972(税込)         

発行年月 2018年12月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 4p,319p
大きさ 18cm
ジャンル 和書/人文科学/歴史学/中東史
ISBN 9784121025180
商品コード 1028863222
NDC分類 227.4
基本件名 トルコ-歴史
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2019年02月1週
書評掲載誌 日本経済新聞 2019/01/19、読売新聞 2019/01/20
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1028863222

内容

イスラム世界の最果てで「信仰戦士(ガーズィー)」をまとめ上げた始祖オスマン。
アナトリアを統一した稲妻王バヤズィト1世。
ビザンツの帝都コンスタンティノポリスを征服し「征服の父」「二つの陸のハーカーン、二つの海のスルタン」を称したメフメト2世。
イスラム世界の世俗の最高権力者スルタンにして、預言者ムハンマドの正統後継者カリフとなったセリム1世。
西方世界から「壮麗王」と呼ばれ、オスマン帝国の黄金時代を築いたスレイマン1世。
大宰相ファーズルとともに帝国史上最大版図を達成したメフメト4世。
西洋文化をとりいれ、都市文化の爛熟を導いたアフメト3世。
芸術外交を推し進めたセリム3世、イェニチェリ軍団を廃止して郡司改革を行った「大王」マフムト2世。
「最後のスルタン」メフメト6世、「最後のカリフ」アブデュルメジド・エフェンディ――大帝国を彩る皇帝たちの光芒

著者紹介

小笠原 弘幸(著者):1974年北海道生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。九州大学大学院人文科学研究院イスラム文明学講座准教授。共著に「北西ユーラシアの歴史空間」など。

カート

カートに商品は入っていません。