ホーム > 商品詳細

書評掲載
丸善のおすすめ度

徂徠学派から国学へ~表現する人間~

板東 洋介  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \5,400(税込)         

発行年月 2019年03月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 278p
大きさ 22cm
ジャンル 和書/人文科学/哲学/その他の国の哲学
ISBN 9784831515308
商品コード 1029481273
NDC分類 121.56
基本件名 古学派
個人件名 荻生/徂徠
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2019年04月4週
書評掲載誌 読売新聞 2019/05/26
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1029481273

内容

八代将軍吉宗が導いた享保期の社会変化により、思想界に二つの新興勢力が現れた。徂徠学と国学である。ともに「古学派」として括られる両派は発想・方法論において双子のように似通っていた。当時の主流たる朱子学を否定、儒教の教書や日本の古典といった「古え(いにしえ)」に「道」を見い出す古学派が着目した人間の内面と外界との落差を「表現する人間」という像を基に考察する近世思想史論。

目次

著者紹介

板東 洋介(著者):1984年兵庫県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得満期退学。博士(文学)。日本学術振興会特別研究員等を経て、皇學館大学文学部准教授。

カート

カートに商品は入っていません。