ホーム > 商品詳細

書評掲載
丸善のおすすめ度

「神国」の正統論~『神皇正統記』受容の近世・近代~

齋藤 公太  著

在庫状況 有り  僅少 お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \6,912(税込)         

発行年月 2019年03月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 350p
大きさ 22cm
ジャンル 和書/人文科学/哲学/その他の国の哲学
ISBN 9784831515322
商品コード 1029742367
NDC分類 121.5
基本件名 日本思想-歴史
個人件名 北畠/親房
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2019年04月2週
書評掲載誌 読売新聞 2019/05/26
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1029742367

内容

南北朝時代、南朝方の北畠親房によって著された史書『神皇正統記』。井上毅は明治憲法の起草にあたり『正統記』に依拠している。彼の主張する「正統」概念は、支配秩序や教義的世界観に由来するものではなく日本の本来性と天皇統治を結びつけた歴史的概念であった。近世から近代に至るまで最重要の古典と看做された『正統記』に加えられた多様な解釈の諸相を跡付け「正統」の権力が強化されていく過程を分析した意欲的研究。

目次

著者紹介

齋藤 公太(著者):1986年東京都生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。國學院大學研究開発推進機構日本文化研究所助教。専攻は日本思想史・宗教史。

カート

カートに商品は入っていません。