ホーム > 商品詳細

新刊
丸善のおすすめ度

ナチズムは再来するのか?~民主主義をめぐるヴァイマル共和国の教訓~

アンドレアス・ヴィルシング, ベルトルト・コーラー, ウルリヒ・ヴィルヘルム  編
板橋 拓己, 小野寺 拓也  監修
在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \1,944(税込)         

発行年月 2019年06月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 4p,152p
大きさ 19cm
ジャンル 和書/人文科学/歴史学/ドイツ・オーストリア・スイス史
ISBN 9784766426069
商品コード 1030454475
NDC分類 234.072
基本件名 ドイツ-歴史-ワイマール時代(1918〜1933)
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2019年07月3週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1030454475

内容

民主主義は危機にあるのか?

当時、世界で最も民主主義的な憲法をもちながらも、
わずか14年でナチスに破壊されてしまったヴァイマル共和国。

当時の政治社会状況と現在の状況との、共通点とはなにか。
現代社会を覆うポピュリズムに、ドイツを代表する研究者たちが
歴史の経験から警鐘を鳴らす。

ヴァイマル建国100年を記念して、ラジオ・新聞でメディアミックス的に
展開されたエッセイを一冊にまとめた、注目の書。

(原著:Weimarer Verhältnisse? Historische Lektionen für unsere Demokratie, Reclam, 2018)

目次

著者紹介

アンドレアス・ヴィルシング(編者):1959年生まれ。ミュンヘン大学教授。現代史研究所所長。
ベルトルト・コーラー(編者):1961年生まれ。ジャーナリスト。

カート

カートに商品は入っていません。