ホーム > 商品詳細

新刊

源平の怨霊~小余綾俊輔の最終講義~

高田 崇史  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \2,484(税込)         

発行年月 2019年06月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 459p
大きさ 20cm
ジャンル 和書/人文科学/文学/日本文学
ISBN 9784065161623
商品コード 1030532454
NDC分類 913.6
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1030532454

内容

1160年、平治の乱の後、源頼朝は平清盛によって助命される。後に大納言・時忠が、「此一門にあらざらむ人は、皆人非人なるべし」とまで言い放ち、知行国三十余国、荘園五百ヵ所、田園その数を知らずと言われるまでに栄華を誇った平家一門の命運は、この瞬間に窮まった。
後に平氏を滅ぼすことになる頼朝を清盛はなぜ救ったのか? 

平氏を滅亡に追い込んだ天才武将・源義経は数々の戦果を挙げたにもかかわらず、兄の不興を買って非業の死を遂げる。その義経が怨霊として祀られていないのはなぜなのか? 

二つの謎が解けるとき、源氏と平氏の真の姿が現れる。

著者紹介

高田 崇史(著者):昭和33年東京都生まれ。明治薬科大学卒業。「QED百人一首の呪」で第9回メフィスト賞を受賞しデビュー。歴史ミステリを精力的に書きつづけている。ほかの著書に「古事記異聞」など。

カート

カートに商品は入っていません。