ホーム > 商品詳細

新刊 書評掲載
丸善のおすすめ度

5Gビジネス(日経文庫 1407)

亀井 卓也  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \928(税込)         

発行年月 2019年06月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 253p
大きさ 18cm
ジャンル 和書/理工学/電気・電子工学/通信工学
ISBN 9784532114077
商品コード 1030532480
NDC分類 547.5
基本件名 無線通信
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2019年07月4週
書評掲載誌 日本経済新聞 2019/07/13
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1030532480

内容

単に「速くなる」だけではない!
5Gが変えるビジネスの未来をコンパクトに解説!

◎本書の内容
2020年の東京オリンピック開催にあわせ、
日本でも本格的に次世代通信規格(5G)の商用化が始まる。
これまでより「高速・大容量」となるだけではなく、
「多数同時接続」「低遅延・高信頼性」という新たな特徴が備わることになる。

4Gと比較すると、通信速度は100倍、通信容量は1000倍、同時接続端末数は100倍、遅延は10分の1と、
大きな通信機能・性能の向上が見込まれている。

3Gから4Gに変わったときにスマートフォンが一気に普及して人々の消費行動を変えたように、
5Gへの進化に伴い、ビジネスチャンスが大きく広がることが期待されている。

本書は、5Gの特徴と、どのような変化が起こるのかを、
野村総研のコンサルタントがわかりやすく解説する。

◎本書で解説する5Gの影響
・360度VR/ARなどのコンテンツ配信がスムーズに。
 エンタメはもちろん、これまでとはちがう広告・購買体験を提供することができる
・高精細カメラと組み合わせることで、建設機械の遠隔操作や、
 遠隔診療サービスが現実のものに
・自動運転車への情報提供、製造現場でのIoTセンサーからの情報収集のためには、
 同時多接続ができる5Gが欠かせない
・ウェアラブル端末にあらゆる情報が送れるようになり、スマホすら不要になる可能性も
・4K・8Kの監視カメラと組み合わせることで、指紋・眼紋などの生態情報が
 比較的遠くからでも取得できてしまう。プライバシー問題はさらに深刻に
・地方都市まで基地局が行き渡るのか。地域間格差が広がる可能性
・米中貿易戦争が普及へ深刻な陰を落とす危険性も
――プラス・マイナス双方の影響について、コンパクトにまとめる

目次

著者紹介

亀井 卓也(著者):東京大学大学院工学系研究科卒業。野村総合研究所ICTメディア・サービス産業コンサルティング部テレコム・メディアグループマネージャー。情報通信業界における経営管理などに従事。

カート

カートに商品は入っていません。