ホーム > 商品詳細

新刊
丸善のおすすめ度

新・動機づけ研究の最前線

上淵 寿, 大芦 治  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \3,456(税込)         

発行年月 2019年08月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 8p,234p
大きさ 21cm
ジャンル 和書/人文科学/心理学/実験心理
ISBN 9784762830723
商品コード 1030582216
NDC分類 141.72
基本件名 動機づけ
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2019年09月2週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1030582216

内容

好評の既刊書から15年の時を経て,この間の膨大なかつ広範にわたる知見の集積をベースに新版として登場。社会文化的なアプローチや発達的観点も織り込みつつ,達成目標理論の細分化や自己決定理論の進展に伴う実証研究,さらには学習観の変遷に伴う動機づけとの関係など,最新の研究成果を紹介する。

【主な目次】
 序章 動機づけ研究の省察―動機づけ・再入門―
 1 章 達成目標理論
 2 章 自己決定理論
 3 章 学習における信念と動機づけ
 4 章 社会認知的アプローチ
 5 章 自己と文化のアプローチ
 6 章 動機づけの発達
 7 章 感情・ストレス研究アプローチ
 8 章 むすびに代えて

目次

著者紹介

上淵 寿(著者):1965年長野県生まれ。早稲田大学教育・総合科学学術院教授。博士(教育学)。
大芦 治(著者):1966年東京都生まれ。千葉大学教育学部教授。博士(心理学)。

カート

カートに商品は入っていません。