ホーム > 商品詳細

新刊
丸善のおすすめ度

産業・組織心理学講座<第1巻> 産業・組織心理学を学ぶ

金井 篤子  編
産業・組織心理学会  他
在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \2,592(税込)         

発行年月 2019年08月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 13p,257p
大きさ 21cm
ジャンル 和書/社会科学/経済学/労働経済・人口
ISBN 9784762830747
商品コード 1030582258
NDC分類 366.94
基本件名 産業心理学
本の性格 テキスト
新刊案内掲載月 2019年09月3週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1030582258

内容

学会設立35周年記念講座全5巻刊行。本巻では,産業・組織心理学の目的,歴史,社会的意義,研究方法などの基礎を解説,更には人事部門,組織行動部門,作業部門,消費者行動部門の4つの研究分野を概観し,その全体像を示す。公認心理師をはじめ,すべての心理職が習得すべき産業・組織心理学の知見を網羅した標準教科書。

【主な目次】

 第1章 産業・組織心理学とは

●第1部 人を活かす――人事部門
 第2章 募集・採用と評価と処遇
 第3章 キャリア発達と能力開発
 第4章 人間関係管理と職場の人間関係
 第5章 働くことの意味と働かせ方

●第2部 組織行動を科学する――組織行動部門
 第6章 組織行動の心理学的視点
 第7章 リーダーシップ
 第8章 仕事へのモチベーション
 第9章 組織開発

●第3部 働く人の安全と健康――作業部門
 第10章 仕事の安全
 第11章 仕事の疲労・ストレスと心身の健康
 第12章 作業と職場をデザインする

●第4部 豊かな消費生活――消費行動部門
第13章 消費者行動への心理学的アプローチとその意義
第14章 消費者の購買意思決定
第15章 企業活動と消費者行動

【シリーズ概要】
第1巻は,すべての心理職が習得すべき産業・組織心理学の知見をコンパクトに解説した標準テキスト。第2巻から第5巻は,それぞれ「人事部門」「組織行動部門」「作業部門」「消費者行動部門」の研究分野をより深く専門的に扱う。研究者と実務家の双方にとっての必携書。

●第1巻 産業・組織心理学を学ぶ――心理職のためのエッセンシャルズ
金井篤子 編
A5判・280頁・本体2400円+税

●第2巻 人を活かす心理学――仕事・職場の豊かな働き方を探る
小野公一 編
A5判・約240頁・予価3100円+税

●第3巻 組織行動の心理学――組織と人の相互作用を科学する
角山 剛 編
A5判・約264頁・予価3100円+税

●第4巻 よりよい仕事のための心理学――安全で効率的な作業と心身の健康
芳賀 繁 編
A5判・約272頁・予価3100円+税

●第5巻 消費者行動の心理学――消費者と企業のよりよい関係性
永野光朗 編
A5判・約232頁・予価3100円+税

目次

カート

カートに商品は入っていません。