HOME > e-コンテンツ > AFP:フランス通信社

e-コンテンツ

AFP:フランス通信社

AFP World Academic Archiveは、世界各国で13,000社以上の報道機関に配信されているAFP通信の報道写真、映像、ニューステキストのデータベースです。
報道写真と映像、速報性に特化したニュースが、リアルタイムで刻々とアップデートされています。
また、配信されたニュース素材がアーカイブとして保存され、ジャンルや時系列から過去の情報を検索できる資料性の高いデータベースになっていることもAFP World Academic Archiveの大きな特徴です。
 

商品概要・各種資料

  • 対象分野 : 一般・総記
  • 収録内容 : 報道写真、映像、ニューステキスト
  • プラットフォーム : AFP World Academic Archive
  •  

各種書類

無料トライアル申込書(EXCEL)

利用規約(PDF)

入会申込書(EXCEL)

カタログ(PDF)

コンテンツについて

AFP通信とは
1835年に設立されたAFP通信(Agence France-Presse:フランス通信社)は、ロイターやAPと並ぶ世界3大通信社のひとつとしても知られています。現在、AFP通信発のニュースは世界の約13,000社の新聞社と、約300社のテレビ・ラジオ局に配信しています。
AFP World Academic Archiveの構成
当データベースは写真【ImageForum】・映像【VideoForum】・ニューステキスト【AFP-Direct】により構成されています。
【ImageForum】
収蔵数800万枚余(注1)、世界最大級のデジタルフォトアーカイブ
報道写真を中心に、政治、経済、紛争、犯罪、災害、環境、スポーツ、エンターテインメントなど、あらゆるジャンルの800万枚を超える写真を収蔵。AFP設立の1835年から174年分のストックに、毎日2,000枚以上の新たな写真がアップデートされる世界最大級のデジタルフォトアーカイブです。
世界各国に報道カメラマンのネットワークを有するAFPの写真の高いクオリティには定評があり、時に文字情報をしのぐ大きな力を発揮します。
注1:提携先の写真(Phartner photos)を含む。
2001年ノーベル経済学賞を受賞したコロンビア大学のジョセフ・E・スティグリッツ氏のフォトを検索し、サムネイル表示した例、各フォトにはキャプションも付いています。
【VideoForum】
世界165ヵ国から24時間365日体制で提供されるグローバルなビデオニュース映像
165ヵ国から届く膨大なニュースをもとに、世界11拠点にあるAFPTV編集局が24時間365日体制で配信する映像のデータベースです。事故、紛争、災害といった重大事件から、社会、経済、環境問題、さらにファッション、スポーツ、食文化といったライフスタイル寄りのトピックまで、幅広い分野のニュースを独自の視点でカバーします。
言語は英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、ポーランド語、さらにアラビア語の7ヵ国語でのサービス。映像は、平均してそれぞれ過去半年から2年分のデータが保存されています。
【AFP-Direct】
圧倒的な速報性と情報量を誇る、AFP通信の基幹サービス
AFP-Directは、世界各地で取材したあらゆるジャンルの最新ニューステキストが集まるAFP通信の基幹サービスです。取材場所や取材対象の広さにもとづく情報量はもちろん、事件、事故、紛争、災害などの重大事件の場合、現場の状況を伝える速報が“Breaking News”として刻々とアップデートされます。
世界の動向をまさにオンタイムで入手できるため、AFP-Directは各国の政府機関、あるいは政財界、金融界、シンクタンクといった民間企業などでも常時活用されています。
言語は英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、アラビア語の6ヵ国語でのサービス。なお、ニューステキストは平均して過去3ヵ月分のデータが保存されています。
ページトップへ