【2019治療薬関連書籍3タイトル】

【今日の治療薬 2019/治療薬マニュアル 2019/治療薬ハンドブック 2019】

  • 今日の治療薬 2019
  • 治療薬マニュアル 2019
  • 治療薬ハンドブック 2019

【今日の治療薬 2019】

臨床で使われる医薬品を薬効群ごとに解説と便覧で構成したベストセラー

2019年版では,巻頭トピックスとして,話題の三つのテーマ(1.高額薬剤,2.バイオシミラー,3.慢性便秘症治療薬)を新設,便覧には新規項目として「RMP」を追加し,薬物動態欄も大幅に充実.主要薬剤の尿中未変化体排泄率などを追加.解説には「今後の薬物療法の展望」を新設し,近く承認が予想される新薬についての解説を追加.ますます使いやすい.ポータルサイトで年3回更新情報も配信.

編集 浦部晶夫・島田和幸・川合眞一

■今日の治療薬 2019 改訂ポイント

便覧

  • 新規項目として「RMP」を追加.医薬品リスク管理計画(RMP)が公表された薬剤については,「重要な潜在的リスク」のなかから重要なものを掲載
  • 薬物動態欄を大幅に充実。主要薬剤の尿中未変化体排泄率などを追加
  • 7章 抗悪性腫瘍薬では,日本癌治療学会(編)「制吐薬適正使用ガイドライン2015」掲載の「催吐性リスク分類」をマークとして掲載

解説

  • 小項目「今後の薬物療法の展望」を新設し,近く承認が予想される新薬についての解説を追加

Web読者アンケートの声を反映

  • 巻頭トピックスとして,話題の3つのテーマ(1.高額薬剤 2.バイオシミラー 3.慢性便秘症治療薬)を解説
  • 索引では,通常の後発品とオーソライズドジェネリック(AG)を区別して記載
  • 2018年版で好評の巻末インデックスシール裏付録「配合剤早見表」(降圧薬,糖尿病治療薬)に,気管支喘息治療薬,COPD治療薬と眼科用剤(緑内障治療薬)を加え,巻末付録として記載
  • 巻末インデックスシールの裏面に「小児の平均体重」「図で見る主な便秘症治療薬の薬理作用」を掲載

今日の治療薬 2019-解説と便覧

南江堂

ISBN : 978-4-524-24808-7

B6判・1,472頁

2019年1月刊行予定

*情報は変更になることもございます。

【治療薬マニュアル 2019】

添付文書を網羅。さらに専門家の解説を加えた治療薬年鑑

パソコン(Windows、
Macintosh)でも
利用可能

監修 高久史麿・矢崎義雄
編集 北原光夫・上野文昭・越前宏俊

ハンディサイズ本では唯一「使用上の注意」をすべて収録

収録薬剤数は約2,300成分・18,000品目。2018年に収載された新薬を含む、ほぼすべての医薬品情報を収載。

添付文書に記載された情報を分かりやすく整理し、各領域の専門医による臨床解説を追加。

医薬品レファレンスブックとして、医師・薬剤師・看護師ほかすべての医療職必携の1冊。

全文検索だけでなく、
「薬品名」「適応症」
「識別コード」などの
条件検索も可能。

クリックするとサンプルページ(PDF)が開きます↓

治療薬スマートナビ
全文検索、条件検索など様々な検索方法に対応。章から項目を選ぶ場合は、クリック操作だけで目的の項目を参照することができます。

薬効分類一覧表
「薬効分類一覧表」をクリックし、表示された薬効分類から選択すると、同種薬の一覧を表示。薬効を比較する場合に便利です。

購入特典 web電子版・全面リニューアル

付録・web電子版のユーザーインターフェースを全面リニューアル。検索のレスポンスを改善し、より早く目的の情報に到達できるようになりました。

お手持ちの複数の端末で利用可能!
パソコン、スマートフォン、タブレットなど、様々なデバイスで利用できます。
※ご利用時には、インターネット接続環境が必要です。2台以上の端末で同時にログインすることはできません。

学生様限定 『治療薬マニュアル』電子版閲覧期間 1年延長キャンペーン

『治療薬マニュアル』web電子版の閲覧期間を学生の方に限り、1年間延長いたします。

学生証の画像を送信するだけで応募完了! くわしくは、『治療薬マニュアル』電子版に表示される「お知らせ」をご覧ください。

『今日の治療指針 2019年版』とのセット購入により、web電子版で2冊がリンク

今日の治療指針 2019 医学書院 2,160頁 2019年1月刊行予定

ISBN : 978-4-260-03650-4

ISBN : 978-4-260-03651-1

本書に掲載されている薬剤の詳細情報を『治療薬マニュアル 2019』へのリンクで瞬時に参照。
『治療薬マニュアル 2019』に収録されている各薬剤について、それらを掲載している本書の疾患項目を瞬時に参照。

※閲覧期限は2020年1月末となります。

※2019年1月からご覧いただけるデータは、『今日の治療指針 2018年版』のものです。
2019年版のデータをご覧いただけるようになるのは、2019年3月の予定です。

治療薬マニュアル 2019

医学書院

ISBN : 978-4-260-03666-5

B6判 2784頁

2019年1月上旬刊行予定

*情報は変更になることもございます。

【治療薬ハンドブック 2019】

第一線の医師・薬剤師による処方Point、薬剤Pointが役立つ!

監修:髙久 史麿

編集:堀 正二、菅野 健太郎、門脇 孝、乾 賢一、林 昌洋

【2019年版"ココ"がポイント】

●臨床の“活きた情報”を凝縮
医師からの“処方Point”、作用や特徴がわかる“薬剤Point”

●「あったら便利!」な情報をさらに強化
粉砕可否・簡易懸濁や妊婦・小児・腎機能低下患者への投薬情報のほか、保存温度条件、代表的スイッチOTC、AGの有無、RMPなど各種情報を追加・拡充しました

●最新の治療戦略・ガイドラインが充実
各薬効冒頭の「総説」では最新の薬剤情報、治療戦略をアップデート。主な診療ガイドラインの一覧も掲載しています。

●便利なアプリ(無料)がついています
書籍の薬剤情報に加え、製剤写真や化学構造式、添付文書(外部リンク)も閲覧できる購入者限定の無料アプリつき。

・本書をご購入いただくと、アプリが無料で利用できます!

1.添付文書PDF外部リンク機能

2.採用医薬品の登録機能

3.製剤写真を表示

4.オフラインでも利用可能!院内・在宅での使用に便利

【本書の特徴】

■国内の事例を多数収録

・「妊娠と薬」分野で日本をリードする、虎の門病院で集積した「妊婦への投薬情報」や、「錠剤・カプセル剤の粉砕可否情報」など、活きた情報が満載!

■最新のトレンドをチェックできる総説

・「治療薬使用のポイント」「Topics」で最新の知見がすぐにわかる

・「インターネット上で閲覧できるガイドライン一覧」など治療薬使用にあたって知っておくべき知識を習得できます!

■安全・適正な薬物治療に

・配合変化、適応外使用の情報や、妊婦・小児・腎機能低下患者などハイリスク患者への対応まで、すぐに役立つ情報を凝縮

・モニタ欄がさらに充実! 副作用回避のために必要な検査にも注目

・一般名処方でも困らない充実した後発品欄

治療薬ハンドブック 2019

じほう

ISBN : 978-4-8407-5143-8

B6変型判 本文1,540頁

2019年1月刊

*情報は変更になることもございます。