電子図書館

電子図書館

「教育研究の高度化・特色化」・「地域貢献」などが大学にとって課題となっています。その中で、あらゆる情報の「収集・蓄積・公開」は重要な役割です。大学そのものの取り扱うコンテンツも、従来のリアルな書籍にとどまらず、デジタル化が進む中で様々なメディアに拡大しています。

丸善は、その膨大化した「大学コンテンツ=知」をしっかりと整備し、適切に提供していくことを目的として、デジタル化から公開までをトータルサポートいたします。さらに、「学術情報プラットフォームサービス」は、大学の知的基盤整備を強力にサポートするツールとしてご活用いただけます。

丸善は次のことを大事にします!①貴学の学術情報が、どのように整備され、如何にして学内外の利用者に活用されているかを把握すること ②情報の特性に応じた組み合わせや公開方法を適切に選択し、実行すること

具体的な電子図書館での表現方法

(1)Digital Library 電子書籍サービス 学習支援

図書館の役割のひとつが「学習の場」です。生涯学習支援、地域連携を目指し、資料面からの実現を図ります。図書館に蔵書できなかった書籍や、独自コレクションの整理、マルチメディア資料の充実にお役立て下さい。

(1)Digital Library 電子書籍サービス

(2)Digital Cultural Heritage 歴史資料・稀覯書本アーカイブ 研究支援

図書館の重要な役割に「研究支援」があります。蓄積された価値をまとめ、知的資産管理・公開を担います。地域や図書館に眠る貴重資料に光を当て、プレゼンス向上に活用下さい。

(2)Digital Cultural Heritage 歴史資料・稀覯書本アーカイブ

(3)Librarian’s Voice 図書館の情報発信ツール 教育支援

図書館は「教育の場」として、一層の期待がなされています。利用者が集い学ぶことで、真のリファレンス提供が約束されます。専門的な視点から利用者向けサービス情報を発信し、ライブラリアンのプレステージ向上を実現下さい。

具体的な導入効果

(1)設備投資、メンテナンス費が抑えられる!

(2)電子図書館専任のスタッフが要らない!

(3)導入までが短納期!

(4)バージョンアップにスムーズに対応できる!