【先生の新刊】

このコーナーでは、様々な先生方が出版された学術書籍と、出版にまつわるエピソードなどを先生ご自身の言葉で綴っていただき掲載してまいります。

【先生の新刊】

ジグソー法を考える

ジグソー法を考える

丸善プラネット
2016年11月発行

ジグソー法ってなに?

ジグソー法ってなに?

丸善プラネット
2016年8月発行


【先生が語る、先生の新刊】

私がジグソー法を初めて知ったのは2014年初めの新聞記事によってでした。興味を持って調べていくと、推進している組織があり広く実践も行われていることが分かりました。その中で出会ったのがアロンソンの本でした。ジグソー法を考案した背景やねらい、具体的な進め方が述べられていましたが、日本では殆ど紹介されていないことを不思議にも思いました。

そこで勤務校の大学院生や卒業生と一緒に翻訳を行い『ジグソー法ってなに?』を刊行しました。並行して、関連する書籍や論文もできるだけ網羅的にあたり、ジグソー法の全体像に迫ることを目指し、自ら挑戦してみました。さらに協同学習(cooperative learning)の特質についても明らかにしたいと考えました。その意味で『ジグソー法を考える』は翻訳作業の副産物です。2年足らずの短い期間でまとめたものですので、まだまだ不十分ですが、この2冊がジグソー法や協同学習を理解する入り口となれば幸いです。


昭和女子大学 友野清文先生