【日本被害地震総覧 599-2012】

日本被害地震総覧 599-2012

東京大学出版会

ISBN : 978-4-13-060759-9

B5 判・上製函入・712 頁

2013年9月刊行

商品の詳細を見る

【概要】

1400 年間にわたる被害地震の歴史を網羅

東日本大震災を含む近年の地震についても詳述

地震・防災・歴史関係者必携の第一級の基礎資料

「資料日本被害地震総覧」(1975)、「新編日本被害地震総覧」(1987)、「新編日本被害地震総覧増補改訂版」(1996)、「最新版日本被害地震総覧」(2003) と版を重ねてきた被害歴史地震資料の決定版。

「最新版」以降の東日本大震災も含めた2002-2012 年までの被害地震の資料を加え、過去の地震についても新たに判明した知見を追加し、全面的な改訂を行った。

 防災対策、都市計画、地域開発計画や地震研究、日本史研究などの関係者にとって必携の資料集。

【著者/編者】

宇佐美龍夫 (東京大学名誉教授)

石井   寿 (東電設計㈱ 建築本部調査部長)

今村 隆正 (㈱防災地理調査代表取締役)

武村 雅之 (名古屋大学 減災連携研究センター教授)

松浦 律子 (地震予知総合研究振興会 地震調査研究センター 解析部部長)

【本書の特色】

過去に日本で起きた被害地震のデータを網羅する「地震について正しい知識を身につける」ための基礎資料。

599 年(推古7 年)より2012 年にいたる、地震と地震災害を個別に詳説。

追加収録された地震数は、東日本大震災を含め2002 年以降の116。

参考文献や注を充実。地震考古学の研究成果や地震保険の解説も収録。

気象庁の震源要素の改訂に伴い、1923 年以降の震源の緯経度を修正。

旧版に資料が収録されている地震についても、新たに判明した知見を追加、改訂を行う。

【主要目次】

はしがき

1 序──地震と災害

2 内容の概説

2─1 取り上げた地震 / 2─2 記事 / 2─3 震度  / 2─4 震央分布図  / 2─5 基本公式 / 2─6 参考文献

3 被害地震総論

3─1 被害地震の統計 / 3─2 津波に関する統計 / 3─3 被害地震の地理的分布 / 3─4 被害地震の相似性と反復性 / 3─5 被害の種々相

[付表1] おもな地震考古学の成果一覧

4 被害地震各論(収録されている被害地震の数:990)

[付表2] 外国沿岸の地震による津波のうち,日本およびその付近に被害を及ぼした津波について

[付録1] 地震保険

[付録2] 古文書の利用に当っての私見

[巻末注]

【関連書のご案内】

日本の液状化履歴マップ 745-2008 DVD+解説書

日本の液状化履歴マップ 745-2008 DVD+解説書

若松 加寿江

2011 年3 月刊 DVD1 枚+解説書B5 判・並製・90 頁(箱入)

A5判・784頁 ISBN:978-4-13-060757-5

商品の詳細を見る

     

日本被害津波総覧 第2 版

日本被害津波総覧 第2 版

渡辺 偉夫

1998 年2 月刊 B5 判・上製・248 頁

B5 ・928頁 ISBN:978-4-13-061113-8

商品の詳細を見る