【青年期発達百科事典(全3冊)】

青年期発達百科事典(全3冊)

丸善出版

ISBN : 978-4-621-08799-2

B5判・1568頁

2014年4月刊行

商品の詳細を見る

【概要】

青年期における個人の成長や生活環境、社会的背景の影響、身体発達という大きな変化に対する認識や問題等について、関連する各分野の専門家による125項目を全3巻に収録。

心理学、社会学、教育学、人類学、認知科学、生物学、精神医学、疫学、公衆衛生学、経済学など様々な分野にわたり、青年期の発達に関わる問題に言及。

B.Bradford Brown, Mitchell J. Prinstein 編

子安 増生(京都大学教授)・二宮 克美(愛知学院大学教授) 監訳

青年期発達百科事典編集委員会 編

第1巻

定型の発達過程に関わるトピックに焦点をあて、生物学的、認知的、心理学的な発達とともに、道徳性や職業的発達について取り上げています。

第2巻

青年期とは生活環境や社会的背景によって大きく影響される時期という事実に基づき、個をとりまく人間関係や社会集団、社会や文化が青年期に与える影響という視点から解説されています。

第3巻

青年期に若者は健康な発達にとって困難な場面に直面するという認識。自閉症などの各種発達障害とその療法。虐待や自殺など社会問題、ギャンブルなどの問題行動とそれに対する介入・予防手段などの項目が収録されています。

【目次】

第1巻
発達の定型プロセス

意思決定

遺伝学

運転行動

栄養

音楽聴取

学業成績

記憶

キャリア発達

ジェンダー問題

自己の発達

思春期と青年期:進化的視点

実行機能

社会的知能

社会的認知

衝動性

情動発達

自律性の発達

身体障害

身体的魅力

睡眠

スピリチュアリティ、宗教、健全な発達

成人期への移行

性的指向

青年期の発達段階

青年期の理論

青年期への移行

青年期研究の歴史

セルフ・エスティーム

創造性

達成動機づけ

知的障害

動機づけ

道徳性の発達

認知発達

脳の発達

パーソナリティ特性

ボディイメージ

ホルモンと行動

メタ認知と自己調節学習

リテラシーと読書行動

量的研究法

レジリエンス

第2巻
対人的および社会文化的要因

愛着

いじめと被害者の問題

イニシエーション・セレモニーと通過儀礼

移民をめぐる諸問題

インターネット等のインタラクティブメディア

親子関係

親の離婚経験

家族関係

家族組織と発達

学校外の活動

学校から仕事への移行

学校と学校教育

家庭環境

きょうだい関係

近隣関係

グローバリゼーション

高等学校

孤独感

雇用

里親ケア

差別

ジェンダー役割

市民参加と政治参加

社会化

社会的コンピテンス

宗教的関与

職業訓練

人種と民族による差別

スポーツへの参加

性教育

青年期の発達に及ぼす文化的影響

セクシュアリティ

ソーシャルサポート

仲間関係

仲間の影響

人気と社会的地位

貧困

ホームレス

マイノリティ青年の民族的・人種的アイデンティティ

ミドルスクール

メディアの影響

メンター関係

養育の実践とスタイル

余暇

恋愛関係

若者ギャング

第3巻
精神病理と非定型プロセス

アルコール使用

うつ病とうつ病性障害

エイズ

介入の方法

過体重と肥満

危険な性行動

虐待

ギャンブル行動

コーピング

自殺

自殺を目的としない自傷行為

自閉症とアスペルガー

嗜癖

死別

10代の家出

情動調節不全

身体醜形障害

睡眠パターンとその問題

ストレス

性感染症

精神病理学のモデル

精神薬理学

摂食障害

双極性障害

タバコ使用

注意欠陥多動性障害

デートDV

統合失調症

特異的学習障害

妊娠

認知行動療法

破壊的行動と攻撃

発達精神病理学

不安障害

マルチシステミックセラピー

慢性病

抑うつ的な青年のための対人関係療法

リスクテイキング行動

【サンプル】

【編者・訳者】

監  訳

子安増生  二宮克美

編集委員

第1巻 遠藤利彦  郷式 徹  齊藤誠一  サトウタツヤ  中谷素之

第2巻 大渕憲一  小塩真司  坂元 章  平石賢二  溝上慎一

第3巻 伊藤美奈子  下山晴彦  杉浦義典  野村理朗  別府 哲  村井俊哉

翻訳者

赤木 和重

浅井 暢子

安藤 寿康

安藤 玲子

池田 和隆

池田 幸恭

石井 英真

石井佑可子

石津 和子

伊田 勝憲

伊藤 忠弘

伊藤美奈子

伊藤 裕子

井上 和則

伊原 千晶

宇都宮 博

梅垣 佑介

浦上 昌則

上床 輝久

榎本眞理子

近江 玲

大野 久

大渕 憲一

岡島 義

岡田 努

岡田 有司

小塩 真司

小花和 W.尚子

数井みゆき

春日 秀朗

勝谷 紀子

加藤 司

金政 祐司

上長 然

川岸 久也

北神 慎司

木村 裕

楠見 孝

髙坂 康雅

郷式 徹

小林絵理子

齊藤 誠一

齋藤 利和

坂上 貴之

坂田 陽子

坂本 美紀

相良 順子

佐々木掌子

サトウタツヤ

佐藤 有耕

篠原 一光

篠原 郁子

渋谷 明子

下村 英雄

下山 晴彦

東海林麗香

白井 利明

白杉 直子

菅谷 渚

杉村伸一郎

杉山佳菜子

杉山 幸子

鈴木 太

田垣 正晋

高木 秀明

高橋 彩

高橋 登

高橋 美保

髙橋 雄介

高比良美詠子

宅 香菜子

田澤 実

田島 充士

田島 祥

田中あゆみ

田中 沙織 

田中 真理

田中 優子

谷口 淳一

谷口 高士

辻本 昌弘

出口真紀子

土肥伊都子

内藤まゆみ

中澤 智惠

中島 聡美

中間 玲子

中谷 素之

西垣 順子

二宮 克美

野間 俊一

野村 淳

橋本 恵理

服部 環

濱崎由紀子

林 潤一郎

林 直樹

林  創

林 洋一郎

日野林俊彦

平井 美佳

平石 賢二

廣中 直行

藤川 麗

藤澤 啓子

船曳 康子

別府 哲

前川 浩子

松尾 由美

松河 理子

松島 公望

松村 京子

松本 学

三島 浩路

溝上 慎一

宮口 幸治

向井 隆代

向田久美子

村井 俊哉

本島 優子

森 和子

森 津太子

森田慎一郎

山形 伸二

湯川進太郎

吉澤 寛之

吉住 隆弘

渡邉 賢二

(五十音順)

【関連書のご案内】

発達心理学事典

乳幼児から青年期の定型発達だけでなく、発達障害や育児放棄、高齢化と介護など近年の関心の高いトピックスも多数収録。

※ 詳細ページはこちら↑