ホーム > 商品詳細

新刊
丸善のおすすめ度

アルス・ロンガ~美術家たちの記憶の戦略~

ペーター・シュプリンガー, 前川 久美子  著

在庫状況 自社在庫有り  僅少 お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \4,950(税込)         

発行年月 2020年02月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 348p
大きさ 22cm
ジャンル 和書/人文科学/芸術/美術理論・美術史
ISBN 9784875025177
商品コード 1031418098
NDC分類 702.8
基本件名 美術家
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2020年04月1週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1031418098

内容

美術家は作品の中で生き続ける。

ミケランジェロのダヴィデ像、ロダンの考える人、ゴッホの向日葵…
美術家自身が作品と同化、または同一視されることが、
様々なかたちをとって、くりかえし起きている。
時代や地域を超え、普遍的に見られる例を紹介し、
美術家と作品の関係を多角的に考察する。

目次

著者紹介

ペーター・シュプリンガー(著者):ドイツの美術史家。ドイツの中世と19世紀の美術を主要な研究対象とする。
主著は『十字架脚 初期中世の聖具の図像と型』(1981)、『ケルン大聖堂のモザイク』(1991)、『中世と近世のあいだで建築家、建築史家、修復家、美術館人としてのアウグスト・エッセンヴァイン』(2014)ほか多数。『右手と頭脳––エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー〈兵士としての自画像〉』は、英語と日本語(前川久美子訳、三元社、2010)でも刊行されている。
前川 久美子(著者):美術史家。専門は西洋美術史、とくに中世の装飾写本とルネサンス絵画。
主著は『語りと経験 13世紀の絵本の革新』(2000)、『巡礼としての絵画』(工作舎、2009)、『中世パリの装飾写本』(工作舎、2015)ほか。

カート

カートに商品は入っていません。