ホーム > 商品詳細

新刊
丸善のおすすめ度

批評王~終わりなき思考のレッスン~

佐々木 敦  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \2,970(税込)         

発行年月 2020年08月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 525p
大きさ 19cm
ジャンル 和書/人文科学/文学/日本文学
ISBN 9784875025191
商品コード 1031861782
NDC分類 914.6
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2020年09月3週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1031861782

内容

思想、文芸、音楽、映画、コミック、演劇、アート……
多彩な領域に、筆鋒鋭利に切り込んできた、批評家・佐々木敦。
2020年、小説『半睡』を発表し、文学ムック「ことばと」編集長就任と
目覚ましい活躍をする一方、批評家卒業を宣言。
批評活動最後の総まとめとして本書『批評王』を公刊する。
ジャンルを問わず「ただそれだけを読んでも面白い」78編を厳選、
批評スタイル別に編集した画期的なアンソロジー。

目次

著者紹介

佐々木 敦(著者):文筆家。1964年、愛知県名古屋市生まれ。ミニシアター勤務を経て、映画・音楽関連媒体への寄稿を開始。1995年、「HEADZ」を立ち上げ、CDリリース、音楽家招聘、コンサート、イベントなどの企画制作、雑誌刊行を手掛ける一方、映画、音楽、文芸、演劇、アート他、諸ジャンルを貫通する批評活動を行う。2001年以降、慶應義塾大学、武蔵野美術大学、東京藝術大学などの非常勤講師を務め、早稲田大学文学学術院客員教授やゲンロン「批評再生塾」主任講師などを歴任。2020年、小説『半睡』を発表。同年、文学ムック『ことばと』編集長に就任。批評関連著作は、『この映画を視ているのは誰か?』(作品社、2019)、『私は小説である』(幻戯書房、2019)、『アートートロジー:「芸術」の同語反復』(フィルムアート社、2019)、『小さな演劇の大きさについて』(Pヴァイン ele-king books、2020)、『これは小説ではない』(新潮社、2020)他多数。

カート

カートに商品は入っていません。