ホーム > 商品詳細

書評掲載
丸善のおすすめ度

ハウスワイフ2.0

エミリー・マッチャー  著

森嶋 マリ  翻訳
在庫状況 お取り寄せ  お届け予定日 2週間  数量 冊 
価格 \1,760(税込)         

発行年月 2014年02月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 293p
大きさ 20cm
ジャンル 和書/社会科学/社会学/家族・世代
ISBN 9784163900278
商品コード 1015072407
NDC分類 367.253
基本件名 女性
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2014年03月4週
書評掲載誌 朝日新聞 2014/03/23、日本経済新聞 2014/03/23、読売新聞 2014/03/30、朝日新聞 2014/09/21
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1015072407

内容

「私たちは会社に使われない新しい生き方を求めている」
――ハーバード、エールなど一流大学を出ていながら
投資銀行、広告代理店、官庁などの職を捨て
続々と主婦になるアメリカの若い世代。

けれども彼女達は、これまでの主婦とはまったく違う。
自分で生き方を選択するハウスワイフ2・0なのだ。すなわち

・会社を選択的に離脱する
・企業社会で燃え尽きた母親の世代を反面教師にする
・田舎生活を楽しみ、ジャムをつくり、編み物をする
・ストレスのある高報酬より、ほっとできる暮らしをする
・ウェブ、SNSを使いワークシェアを利用する
・ブログで発信し、起業する
・家事を夫と分担し余裕をもった子育てをする

著者自身も、ハーバード大学を卒業しながら、不況に直面した世代。
地元大学の事務職を辞め、現在はノースカロライナの田舎で
夫とともに手作りライフを楽しむ。

ニューヨーク・タイムズ紙、ニューヨーカー誌は本書を絶賛。
アメリカのメディアで大論争を呼んだ話題の書。

著者紹介

エミリー・マッチャー(著者):ノースカロライナ州出身。ハーバード大学卒業。ノースカロライナ大学の疫学研究室に就職するが、離職。「ハウスワイフ2.0」を発表、ニューヨーカー誌等が絶賛し全米で議論が起こる。

カート

カートに商品は入っていません。