ホーム > 商品詳細

書評掲載

東山 彰良  著

在庫状況 お取り寄せ  お届け予定日 2週間  数量 冊 
価格 \1,760(税込)         

発行年月 2015年05月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 403p
大きさ 20cm
ジャンル 和書/人文科学/文学/日本文学
ISBN 9784062194853
商品コード 1017572555
NDC分類 913.6
書評掲載誌 読売新聞 2015/05/17、朝日新聞 2015/05/24、毎日新聞 2015/06/07、産経新聞 2015/06/28、産経新聞 2015/12/27、日本経済新聞 2015/12/27、毎日新聞 2016/06/19
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1017572555

著者紹介

東山 彰良(著者):1968年台湾生まれ。「逃亡作法」で「このミステリーがすごい!」大賞銀賞・読者賞、「路傍」で大藪春彦賞を受賞。ほかの著書に「ラブコメの法則」など。

内容

何者でもなかった。ゆえに自由だった――。1975年、台北。偉大なる総統の死の直後、愛すべき祖父は何者かに殺された。内戦で敗れ、追われるように台湾に渡った不死身の祖父。なぜ?誰が? 無軌道に生きる17歳のわたしには、まだその意味はわからなかった。台湾から日本、そしてすべての答えが待つ大陸へ。歴史に刻まれた一家の流浪と決断の軌跡。満票決着「20年に一度の傑作!」(北方謙三氏)。第153回直木賞受賞作!


2016年本屋大賞ノミネート!!

選考委員満場一致の第153回直木賞受賞作。
「20年に一度の傑作。とんでもない商売敵を選んでしまった」(選考委員・北方謙三氏)
「私は何度も驚き、ずっと幸福だった。これほど幸せな読書は何年ぶりだ?」(選考委員・伊集院静氏)

何者でもなかった。ゆえに自由だった――。
1975年、台北。偉大なる総統の死の直後、愛すべき祖父は何者かに殺された。
内戦で敗れ、追われるように台湾に渡った不死身の祖父。なぜ? 誰が?
無軌道に生きる17歳のわたしには、まだその意味はわからなかった。
台湾から日本、そしてすべての答えが待つ大陸へ。歴史に刻まれた、一家の流浪と決断の軌跡。

目次

カート

カートに商品は入っていません。