ホーム > 商品詳細

書評掲載
丸善のおすすめ度

体操の日本近代~戦時期の集団体操と<身体の国民化>~(越境する近代 14) 

佐々木 浩雄  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \3,740(税込)         

発行年月 2016年02月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 374p
大きさ 22cm
ジャンル 和書/社会科学/スポーツ・健康科学/スポーツ・健康科学
ISBN 9784787220639
商品コード 1019445925
NDC分類 781.021
基本件名 体操-歴史
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2016年03月2週
書評掲載誌 読売新聞 2016/05/01
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1019445925

著者紹介

佐々木 浩雄(著者):1975年生まれ。龍谷大学文学部准教授。専攻は体育学・スポーツ史。共著に『幻の東京オリンピックとその時代』(青弓社)、『体育・スポーツ史の世界』(渓水社)、『近代日本の身体表象』(森話社)、『オリンピックが生み出す愛国心』(かもがわ出版)など。

内容

ラジオ体操、建国体操、日本産業体操、大日本国民体操、国鉄体操――全国で考案された集団体操の実態を史料を渉猟してあぶり出し、娯楽や健康を目的にしていた体操が国家の管理政策に組み込まれるプロセスを追って、「体操の時代」のナショナリズムを問う。

目次

カート

カートに商品は入っていません。