ホーム > 商品詳細

書評掲載
丸善のおすすめ度

産廃Gメンが見た食品廃棄の裏側

石渡 正佳  著

在庫状況 お取り寄せ  お届け予定日 10日間  数量 冊 
価格 \1,760(税込)         

発行年月 2016年06月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 238p
大きさ 19cm
ジャンル 和書/理工学/機械工学/製造工学
ISBN 9784822251567
商品コード 1020794447
NDC分類 588.09
基本件名 食品工業
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2016年07月2週
書評掲載誌 日本経済新聞 2016/07/31
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1020794447

著者紹介

石渡 正佳(著者):日本大学経済学部卒業。1981年千葉県入庁。産業廃棄物行政を担当し、産廃Gメン「グリーンキャップ」の創設に関与する。「産廃コネクション」で日経BizTech図書賞受賞。

内容

 食品廃棄物は年間2800万トンに上る。年間国内農業生産量2650万トンを上回る。そのうち、食べられるのに捨てられている食品は同642万トンもある。食品廃棄物問題は、豊かなニッポンの壮大なる矛盾といえる。 「事件」が発覚したのは2016年1月。実に衝撃的な事件だった。廃棄されたはずの食品がスーパーの店頭などで売られ、消費者の口に入っていたのだ。 売られていたのは、壱番屋(本社・愛知県一宮市)が展開するカレー専門店チェーン最大手の「カレーハウスCoCo壱番屋」が廃棄した冷凍カツ。 食品リサイクル施設を運営していた産業廃棄物処理業者のダイコーから流出し、みのりフーズ(岐阜県羽鳥市)を介して再流通していたのは冷凍カツ数万枚とも数十万枚とも言われる。愛知県警の調べによると、みのりフーズの倉庫から、ダイコーが処理を受託した21社35品目60製品の廃棄食品が発見された。有名メーカー、有力流通業の名前がずらりと並んだ。 冷凍カツ不正転売事件から見えてくる深刻な日本の「食」と「廃棄物」の真相に、産廃Gメンが斬り込んだ。

目次

カート

カートに商品は入っていません。