ホーム > 商品詳細

丸善のおすすめ度

なぜ学校での体罰はなくならないのか~教育倫理学的アプローチで体罰概念を質す~

竹田 敏彦  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \3,520(税込)         

発行年月 2016年12月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 3p,184p
大きさ 22cm
ジャンル 和書/社会科学/教育学/教科教育学
ISBN 9784623076994
商品コード 1021935110
NDC分類 375.2
基本件名 体罰
本の性格 学術書/実務向け
新刊案内掲載月 2017年01月2週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1021935110

著者紹介

竹田 敏彦(著者):広島大学大学院文学研究科博士課程後期修了。博士(文学)。安田女子大学教職センター教授。日本道徳性発達実践学会常任理事。

内容

学校教育現場では、大阪市立桜宮高等学校の事件にみられるように、禁止されていることを知っていて体罰を行使している。教員たちは、なぜ「愛のむち」「スキンシップ」等といった「法的に許容される体罰行為」が存在しうると考えてしまうのか。本書では、学校現場での暴力性を応用倫理学的アプローチ(教育倫理学的アプローチ)によって検証し、学校教育法第11条但書(体罰の禁止)の意味と意義を再確認する。体罰論をめぐる教育論と法理論の接点を求めるべく、「体罰概念の混乱」を克服、「体罰概念」を明確にする。

目次

カート

カートに商品は入っていません。