ホーム > 商品詳細

丸善のおすすめ度

TPPが日本農業を強くする

山下 一仁  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \1,980(税込)         

発行年月 2016年08月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 365p
大きさ 19cm
ジャンル 和書/社会科学/経済学/農業・食糧
ISBN 9784532357016
商品コード 1021972233
NDC分類 611.1
基本件名 農業政策
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2016年10月1週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1021972233

著者紹介

山下 一仁(著者):1955年岡山県生まれ。東京大学農学博士号取得。キヤノングローバル戦略研究所研究主幹。経済産業研究所上席研究員。著書に「日本農業は世界に勝てる」「農協解体」など。

内容

○TPPは農業に大打撃を与えることはない。国内農業を守るためと称して行われる対策は農業を強くするのに有効ではない。TPPは、日本の農業を破壊する要素は少なく、むしろ、海外市場への道を開く点でメリットがあり、日本農業を強くするものだと主張します。TPPを契機に、減反を廃止し米の輸出力を強化する、農地法改革を実施し農業への新規参入を促し、これまでの農業保護政策を転換し、真の農業の担い手を育成することこそ重要だとし、グローバル化で稼げる日本農業へのビジョンを示すものです。○本書を読めば、日本農業の実態と農業の潜在力を開花させる筋道がよくわかります。たとえば、米、牛肉・豚肉、乳製品、野菜、果実など農業の主要分野のうち、乳製品の一部を除き、TPPは実質的には農業生産にはネガティブな影響を与えない。むしろ、農産品を加工生産する食品産業が打撃を受け、国外に生産ベースを移すため、国内農業は重要なユーザーを失うことになる、と著者は主張します。○また、TPPは他国市場へのアクセスを広げ、取引ルールの明確化など、農産品輸出の促進にとってメリットがある。農業の担い手の意識が変わることで、必要な変革への動きを加速させるメリットがあると説きます。○むしろ、TPPで「攻めの農業」に向けた農政新時代というキャッチフレーズとは裏腹に、高米価政策、「減反」維持、消費者への高負担の押しつけ、誤った農業保護の継続という点で、農業政策の基本が変わっていないことが問題であると指摘します。

目次

カート

カートに商品は入っていません。