ホーム > 商品詳細

書評掲載
丸善のおすすめ度

モラル・エコノミー~インセンティブか善き市民か~

サミュエル・ボウルズ  著

植村 博恭, 磯谷 明徳, 遠山 弘徳  翻訳
 品切
       
価格 \3,300(税込)         

発行年月 2017年03月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 11p,276p
大きさ 22cm
ジャンル 和書/社会科学/経済学/経済学説・経済思想
ISBN 9784757123588
商品コード 1024024934
NDC分類 331.1
基本件名 経済倫理
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2017年04月4週
書評掲載誌 朝日新聞 2017/05/21、日本経済新聞 2017/06/03
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1024024934

著者紹介

サミュエル・ボウルズ(著者):1939年生まれ。サンタフェ研究所アーサー・シュピーゲル研究教授・行動科学プログラムディレクター。著書に「制度と進化のミクロ経済学」「協力する種」など。

内容

本書の著者サミュエル・ボウルズは、進化社会科学に基づくミクロ経済学を発展させてきた、日本でも著名な世界的経済学者である。これまで日本ではラディカル・エコノミストとして紹介されることが多かったが、ボウルズの本質はむしろリベラル派である。本書には、近年の行動科学やミクロ経済学の研究をもとにアメリカ的なリベラリズムを発展させた、ボウルズの奥深い経済思想が鮮明に示されている。

目次

カート

カートに商品は入っていません。