ホーム > 商品詳細

共謀罪の何が問題か(岩波ブックレット No.966)

高山 佳奈子  著

在庫状況 お取り寄せ  お届け予定日 10日間  数量 冊 
価格 \638(税込)         

発行年月 2017年05月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 71p
大きさ 21cm
ジャンル 和書/社会科学/法律/刑法
ISBN 9784002709666
商品コード 1024502516
NDC分類 326.81
基本件名 治安-法令
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1024502516

著者紹介

高山 佳奈子(著者):東京大学法学部卒。京都大学法科大学院教授。専門は刑法の基礎理論、経済刑法、国際刑法。著書に「故意と違法性の意識」など。

内容

犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」。危険性を指摘され、国会で3度廃案になった法案が、「テロ等準備罪」の呼び名で新設されようとしている。第一線で活躍する刑事法の研究者が、その数々の問題点・矛盾点を指摘する。

カート

カートに商品は入っていません。