ホーム > 商品詳細
丸善のおすすめ度

社会学者がニューヨークの地下経済に潜入してみた

スディール・ヴェンカテッシュ  著

望月 衛  翻訳
在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \2,420(税込)         

発行年月 2017年05月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 11p,458p
大きさ 20cm
ジャンル 和書/社会科学/経済学/金融
ISBN 9784492223772
商品コード 1024518580
NDC分類 338.1
基本件名 地下経済
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2017年07月1週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1024518580

著者紹介

スディール・ヴェンカテッシュ(著者):コロンビア大学ウィリアム・B・ランスフォード寄付講座社会学教授。グローバル思考委員会のメンバー。著書に「ヤバい社会学」など。

内容

Facebook・ザッカーバーグ激賞の著者最新作!セックス、ドラッグ、そしてビジネス世界最大の闇都市の真実に迫った10年間の記録。Floating City: A Rogue Sociologist Lost and Found in New York's Underground Economyの待望の邦訳!前作『ヤバい社会学:1日だけのギャング・リーダー』はベストセラーとなり、『エコノミスト』誌の「ベスト・ブック・オブ・ザ・イヤー」に選ばれ、FacebookのCEOザッカーバーグ氏の薦める本23冊にも入っている。本書は、ニューヨークの地下経済でヴェンカテッシュが10年をかけて手に入れ、あるいは失ったものを書いた回顧録だ。何不自由ない生活をしているのに売春組織を運営する超高学歴セレブ、野心を持ち階級を超えてグローバル都市を生き抜こうとするドラッグの元締め、家族まで呼び寄せたのに犯罪に手を染め去っていく移民、表の世界の成功を夢見て裏世界でもがく人たちなど、出自も目的も結末も異なる老若男女との出会いと別れを通じて、社会学者としての苦悩と成長を描いた稀有な一冊。

目次

カート

カートに商品は入っていません。