ホーム > 商品詳細

百円の男ダイソー矢野博丈

大下 英治  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \1,760(税込)         

発行年月 2017年10月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 294p
大きさ 19cm
ジャンル 和書/社会科学/経営学/マーケティング・商業
ISBN 9784865811223
商品コード 1025464482
NDC分類 673.868
基本件名 大創産業
個人件名 矢野/博丈
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1025464482

内容

利益一円でも売る商法で、不可能を可能にした社長!「これが100円か!」で日本人に衝撃を与えた100均のダイソー(1977年12月設立)。創業者・矢野博丈は学生時代から七転八起! いくつかの事業を失敗して、スーパーなどの店先で棚板に商品を並べて「100円均一」で売ったところ大当たり。一日で100万円を売り、スーパー店長が仰天。その成功の秘密は利益一円でも売ることにあった。先行するライバルは100円の粗悪品、ダイソーは「100円の高級品」。利益一円でも売る商法である。この差が消費者の心をつかんだ。常設店舗一号はダイエーの隣。その後も色々とあったが、月に68店舗を出店した時期もあった。現在は国内外に4,700店舗。しかも、商品の99パーセントが自社開発商品である。本書では、あまりマスコミに出ない矢野社長を、同郷のジャーナリスト大下英治氏が徹底取材。前例のない「100円商法」の波瀾万丈・型破りの経営を描く!

目次

著者紹介

大下 英治(著者):1944年広島県生まれ。広島大学文学部卒業。『週刊文春』記者をへて、作家として政財官界から芸能、犯罪まで幅広いジャンルで創作活動をつづけている。著書に「十三人のユダ」など。

カート

カートに商品は入っていません。