ホーム > 商品詳細
書評掲載
丸善のおすすめ度

熱海の奇跡~いかにして活気を取り戻したのか~

市来 広一郎  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \1,540(税込)         

発行年月 2018年05月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 221p
大きさ 19cm
ジャンル 和書/社会科学/経営学/マーケティング・商業
ISBN 9784492503010
商品コード 1027378832
NDC分類 689.4
基本件名 観光事業
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2018年07月1週
書評掲載誌 産経新聞 2018/07/01、日本経済新聞 2018/07/07、朝日新聞 2018/07/21、読売新聞 2018/07/29
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1027378832

内容

大前研一氏、木下斉氏推薦!「衰退した観光地」の代名詞となっていた熱海はなぜ再生できたのかUターンしゼロから街の再生に取り組んだ著者を通して見えてくる、人口減少時代の魅力ある地域づくりのあり方。◆推薦の言葉大前研一「単年度予算で動く行政を民間が補完して町の魅力作りを長期的に推進する格好のモデル。著者が代表を務め、熱海を活性化しているNPO法人atamistaの実績から多くのヒントが得られる」木下 斉「この本は地元に戻り、仲間と小さな事業を立ち上げ、成長させることが、まちの再生に繋がることを教えてくれる。読み終えたら、多くの人が挑戦したくてウズウズするだろう刺激に満ちた一冊だ」◆著者の言葉この本では、熱海で私たちが培った経験を、可能な限りお話ししました。ビジネスの手法でまちづくりをすることは、熱海だけに使えるやり方というのではなく、日本全国どこの地域でも使えると思うのです。なぜなら、かつての熱海の衰退は、日本全国の地方の衰退と同じ構造で起こったからです。(プロローグより)                                                 

目次

著者紹介

市来 広一郎(著者):1979年静岡県生まれ。東京都立大学大学院理学研究科(物理学)修了。株式会社machimori代表取締役。NPO法人atamista代表理事。一般社団法人熱海市観光協会理事など。

カート

カートに商品は入っていません。