ホーム > 商品詳細

書評掲載
丸善のおすすめ度

なぜ、世界のエリートはどんなに忙しくても美術館に行くのか?

岡崎 大輔  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \1,540(税込)         

発行年月 2018年09月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 197p
大きさ 19cm
ジャンル 和書/人文科学/芸術/美術理論・美術史
ISBN 9784797397147
商品コード 1028107169
NDC分類 707.9
基本件名 美術
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2018年10月4週
書評掲載誌 日本経済新聞 2018/10/13
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1028107169

内容

いま、世界中で話題の美術鑑賞法!見方を少し変えるだけで、アートが最高の“自分磨き”のツールに変わる。世界のビジネスエリートの間で広まっている美術鑑賞法「ヴィジュアル・シンキング・ストラテジー(VTS)」。もともと、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の来館者向けに、美術鑑賞のリテラシーを高めてもらう目的で考案されたが、米国の小学校教育の現場で導入されると、美術作品の理解力が上がるのと同時に、観察力や読解力、問題発見力、論理的思考力などの向上にも効果があるという結果が出たという。そこで本書では、「ヴィジュアル・シンキング・ストラテジー(VTS)」をベースにした美術鑑賞法の企業研修を行なっている、京都造形芸術大学アート・コミュニケーション研究センター副所長・岡崎大輔氏を著者に迎え、人生に役立つ美術鑑賞法を解説する。

目次

著者紹介

岡崎 大輔(著者):京都造形芸術大学アート・コミュニケーション研究センター専任講師、副所長。企業、行政、NPOほか各組織を対象に研修プログラムや組織開発ワークショップを多数開発・実施。

カート

カートに商品は入っていません。