ホーム > 商品詳細
丸善のおすすめ度

森林と菌類(森林科学シリーズ 10)

升屋 勇人  編
在庫状況 お取り寄せ  お届け予定日 1週間  数量 冊 
価格 \3,850(税込)         

発行年月 2018年10月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 16p,307p
大きさ 21cm
ジャンル 和書/生命科学、医学、農学/農学/林業
ISBN 9784320058262
商品コード 1028298143
NDC分類 653.17
基本件名 森林生態学
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2018年11月2週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1028298143

著者紹介

升屋 勇人(編者):筑波大学大学院農学研究科修了。森林総合研究所きのこ・森林微生物研究領域微生物生態研究室室長。博士(農学)。

内容

森林生態系において菌類は,分解者としてだけではなく,共生者,寄生者など様々な役割を果たす重要な生物群である。しかし,その存在が森林へ及ぼす影響や,森林変化が菌類に及ぼす影響については,十分に理解,認識されているとは言い難い。また,推定種数500万種以上とも言われる菌類は,その膨大な多様性と研究者の不足から,すでに生物多様性研究から取り残されつつある。こうした遅れを補いつつ,その先の菌類生態学の大系化へとつなげるためには,これまでの記載的な研究だけではなく,新しい方向性や技術を取り入れた,様々な生態学的研究の蓄積が急務となっている。本書は,その足掛かりとなるように,森林の変化が菌類にどのような影響を及ぼすのか,そしてどのような菌類が森林にどのような変化をもたらすのかを,森林変化の要因である森林利用,人為の影響,気候変動との関連から,具体的なデータや論文を引用しながら紐解いてゆく。本書は十分に大系化されたものではないため,教科書としての使用は推奨できない。しかし,これまでの菌類の教科書とは異なる視点でまとめおり,最終的には森林生態系を理解するための,菌類学と森林生態学との接点となることを期待している。

目次

カート

カートに商品は入っていません。