ホーム > 商品詳細

丸善のおすすめ度

ナノ粒子計測(分析化学実技シリーズ 応用分析編 8)

一村 信吾  著

日本分析化学会  編
在庫状況 お取り寄せ  お届け予定日 1週間  数量 冊 
価格 \3,190(税込)         

発行年月 2018年11月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 8p,197p
大きさ 21cm
ジャンル 和書/理工学/化学工学/化学工学一般
ISBN 9784320044562
商品コード 1028643043
NDC分類 571.2
基本件名 ナノ粒子
本の性格 実務向け
新刊案内掲載月 2019年01月1週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1028643043

著者紹介

一村 信吾(著者):大阪大学大学院工学研究科応用物理学専攻博士課程満退。早稲田大学研究戦略センター教授。工学博士。専門は表面分析・表面制御、ナノテクノロジー。

内容

 本書は,「どのような方法を用いれば,ナノ粒子を正しく測れるか」を,原理から応用にわたって説明しています。ナノ粒子を計測することに関心が高まっていることには,二つの背景があります。一つは産業のナノテクノロジー化が進展し,様々なナノ素材の利用が進んでいることです。もう一つは,生態系への影響が十分に見通せないナノ粒子に対して,予防原則の観点から,欧米で規制が始まっていることです。これらの産業応用や規制に向けて,ナノ粒子がどのような形態や特性を持ち,どのようなサイズ(分布)をしているかを知らなければなりません。 本書は7章で構成され,ナノテクノロジーとナノ粒子の産業応用に関する概観(第1章)を踏まえて,ナノ粒子の計測法の原理と計測のための試料調整法が詳しく説明されています(第2,3章)。その上で代表的な手法での計測例を詳述し(第4~6章),規制にも関係するナノテクノロジーの国際標準化の現状も紹介しています(第7章)。 本書は,計測装置開発の最前線にいる研究者が記述しています。分析化学実技シリーズが狙いとする若い分析化学研究者や技術者の方々にとって,まさに「分かりやすい」,「役に立つ」内容になっています。是非ご一読ください。

目次

カート

カートに商品は入っていません。