ホーム > 商品詳細

プラスチック惑星・地球(シリーズ自然いのちひと 20)

藤原 幸一  他
在庫状況 お取り寄せ  お届け予定日 10日間  数量 冊 
価格 \2,200(税込)         

発行年月 2019年05月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 71p
大きさ 27cm
ジャンル 和書/理工学/環境科学・工学/環境科学・工学
ISBN 9784591162859
商品コード 1030155182
NDC分類 519.7
基本件名 産業廃棄物
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1030155182

内容

レジ袋、ストロー、食品トレーetc.さまざまな生活用品に広く使われているプラスチック。今や私たちの生活に欠かせません。これらは世界で大量に生産され続けており、同時に大量に廃棄されています。なおかつプラスチックの生産量・廃棄量は年々増えつづけています。とくに近年注目されているのはマイクロプラスチックの問題。マイクロプラスチックとは、海流に漂うなかで微粒子化したプラスチックのことで、食物連鎖の過程であらゆる動物の体内に蓄積されます。最終的には人間の体内に残るわけですが、それが人体にどれほどの悪影響を及ぼすかはわかっていません。私たち人類は、自らの消費活動によって出したプラスチックごみを食べているのです。もちろんほかの野生動物たちも。
本書は、この問題を取りあげ、読者とともに未来のあるべきすがたを考えます。その手段として、ある島に生息するカニクイザルの親子に注目しました。彼らの生活視点で地球を見ると、いかにして海洋プラスチック汚染が進行していくのかが見えてきます。海洋プラスチックごみの多くは、陸地に捨てられたプラスチックごみが川を下って海に出るというルートをたどりますが、そのルートがそのままカニクイザルの生活行動と一致するのです。カニクイザルがおりなす自然の営みの中に存在する大量のプラスチックごみ。その強烈な違和感と不快感を、藤原幸一さんの写真が強く訴えかけてきます。私たちが今、地球のため、動物たちのため、そして自分たちのためにできることとは何なのかを考えさせられる一冊です。

著者紹介

藤原 幸一(他):秋田県生まれ。生きもの写真家、作家。学習院女子大学・特別総合科目「環境問題」講師。著書に「環境破壊図鑑」「地球の森のハートさがし」「南極がこわれる」など。

カート

カートに商品は入っていません。