ホーム > 商品詳細

書評掲載
丸善のおすすめ度

大分断~格差と停滞を生んだ「現状満足階級」の実像~

タイラー・コーエン  著

池村 千秋  翻訳
在庫状況 有り  僅少 お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \2,640(税込)         

発行年月 2019年06月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 6p,318p
大きさ 20cm
ジャンル 和書/総記/総記/百科事典・辞典・各種辞典・地図・年表・人名事典
ISBN 9784757123632
商品コード 1030273109
NDC分類 302.53
基本件名 アメリカ合衆国
本の性格 学術書/学生用
新刊案内掲載月 2019年08月1週
書評掲載誌 日本経済新聞 2019/08/10
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1030273109

著者紹介

タイラー・コーエン(著者):1962年生まれ。ハーバード大学にて経済学博士号取得。米国ジョージ・メイソン大学経済学教授・同大学マルカタスセンター所長。著書に「大停滞」「大格差」など。

内容

アメリカはどこに向かうのか
19世紀、トクヴィルの時代以来、米国を世界一の経済大国に発展させてきたのは、アメリカ人の比類なき開拓者精神だ。よりよい暮らしを求め、リスクをとって革新の道を歩む米国人のメンタリティは、フランクリンからスティーブ・ジョブズまで、米国のダイナミックなイノベーションの礎となった。
しかし、その精神がいま減退し、アメリカ社会に格差と停滞を生み出している。本書ではその原因を、変化を先延ばし、現状維持しようとする人たち(本書ではそれを「現状満足階級」=complacent classと呼ぶ)の拡大に見出し、現状満足階級の台頭が、企業間の競争や移住、転職、様々なイノベーションを停滞させる要因になっていると警鐘を鳴らす。
アメリカ人はなぜ創造をやめたのか?デジタルテクノロジーの普及は米国社会に何をもたらしたか?
開拓者精神を失いつつある米国はどこに向かうのか?
全米ベストセラー『大停滞』『大格差』で話題を呼んだ経済学者が、米国社会の行方を占う問題作。

目次

カート

カートに商品は入っていません。