ホーム > 商品詳細

丸善のおすすめ度

数学と物理の交差点<2> 電磁気学とベクトル解析

吉田 善章  著

谷島 賢二  編
在庫状況 有り  僅少 お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \3,960(税込)         

発行年月 2019年11月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 10p,304p
大きさ 22cm
ジャンル 和書/理工学/物理学/理論物理学
ISBN 9784320114029
商品コード 1031003830
NDC分類 421.5
基本件名 物理数学
本の性格 テキスト
新刊案内掲載月 2019年12月2週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1031003830

内容

 電磁気学の重要性は論を俟たない。力学とならんで,物理の根本的な役割を担っていると同時に,エネルギーやエレクトロニクスといった現代社会を支える技術の基盤ともなっている。
 本書では,電磁気学において物理学と数学がどのように絡み合っているのかを理解することを目標とし,物理学,幾何学,解析学という三つの視点から,ベクトル場,カレント,時空,メトリックといった概念が,それぞれの視点からどのようにテーマ化されるのかを説明していく。最初に,電磁気学の基礎的な理論を説明し,またその記述のために必要な最低限の数学を準備する。次に,とりあえず用意した諸概念を,微分幾何学の枠組みで見直すことで,より深い意味を明らかにする。最後に,方程式を「解く」という目的に重心をおいて議論し,解析学のなかでも幾何学と密接なつながりのある理論を説明する。
 様々な電磁現象を理解し応用するという目的のもとに,数学の諸概念の実践的な意味を理解することで,物理と数学の強いつながり,ひいては自然の根本原理の理解へと誘われるであろう。

目次

カート

カートに商品は入っていません。