ホーム > 商品詳細

丸善のおすすめ度

相関電子と軌道自由度(基本法則から読み解く物理学最前線 22)

石原 純夫  著

須藤 彰三, 岡 真  監修
在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \2,200(税込)         

発行年月 2020年03月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 9p,178p
大きさ 21cm
ジャンル 和書/理工学/物理学/物性物理学
ISBN 9784320035423
商品コード 1031419317
NDC分類 428.4
基本件名 固体
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2020年04月3週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1031419317

内容

 超伝導,磁性,誘電性,熱現象などの物質が示す興味深い性質の多くは,互いに強く相互作用しあう天文学的な数の電子により引き起こされる。強相関電子と呼ばれるこれらの電子には,小さな磁石としての性質であるスピン自由度のほかに,電子がどの方向に運動するかという自由度が存在し,これは軌道自由度とよばれる。
 軌道自由度は,上記のような興味深い性質を裏から支える舞台や素材としての役割を果たしていると同時に,これ自身が新奇な量子多体現象をもたらす隠れた自由度として多くの注目を集めている。
 本書は,物理学・物理工学・化学・マテリアル工学などを専攻する学生から研究者までを対象とし,孤立イオンにおける電子軌道や電子格子相互作用などの基礎的な項目から,軌道秩序,軌道励起,これらを観測する共鳴X線散乱法や最近の軌道物理の話題まで解説しており,本分野の全体像を見渡すことができる。

目次

カート

カートに商品は入っていません。