ホーム > 商品詳細

新刊
丸善のおすすめ度

移民の世界史

ロビン コーエン  著

小巻 靖子  翻訳
在庫状況 お取り寄せ  お届け予定日 10日間  数量 冊 
価格 \2,860(税込)         

発行年月 2020年05月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 235p
大きさ 22cm
ジャンル 和書/人文科学/歴史学/考古学・古代史
ISBN 9784487812547
商品コード 1031433701
NDC分類 209
基本件名 世界史
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2020年06月3週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1031433701

内容

先史時代の出アフリカから、現代の移民にいたる「人類の大移動史」

・写真や地図、グラフが豊富な歴史社会学の本

本書では、
巡礼者、労働者、難民、探検家、亡命者、留学生、旅行者、退職者など、
「人の移動」を44のテーマに分けてみていき、その全体像をとらえていく。

・古生物学、人口統計学、地理学、社会学など、多くの学問の研究対象となる「人の移動」

「人の移動」は、
奴隷貿易のように強制的に行われるものもあれば、
新天地を求めて自発的に土地を離れる場合もある。
国家の独立や分離といった政治的な争いも「人の移動」の歴史に大いに関係する。

・現代における「人の移動」

「移民」は、内戦や、気候変動の影響で移住を余儀なくされる人びとばかりではない。
UAEをはじめとする中東諸国の労働力を担う東南アジア出身の未熟練労働者たちや、
ヨーロッパにおける移民は、仕事を求めて自ら移住を選んだ人びとである。
高い専門性を持った人材が国外に出ていってしまう「頭脳流出」の問題を抱えた国もあれば、
フィリピンのように失業率の低下や外貨獲得を目的として、国が「労働力」の輸出を推進するケースもあり、
移住の理由はさまざまである。

世界中の「移民」の歴史とこれからに迫る!

目次

著者紹介

ロビン コーエン(著者):著者 ロビン・コーエン(Robin Cohen、1944年~)
オックスフォード大学名誉教授。南アフリカ出身の社会学者。イギリスのウォリック大学に長年在籍し、ナイジェリア、カリブ海諸国、アメリカ、カナダ、南アフリカなど、さまざまな国で教鞭をとり、現在に至る。
主な邦訳書に、『グローバル・ソシオロジー1格差と亀裂』ポール・ケネディとの共著、平凡社(2003)、『新版 グローバル・ディアスポラ 』明石ライブラリー(2012)などがある。

カート

カートに商品は入っていません。