ホーム > 商品詳細

丸善のおすすめ度

造形の基礎~アートに生きる。デザインを生きる。~

白尾 隆太郎, 三浦 明範  著

在庫状況 お取り寄せ  お届け予定日 1週間  数量 冊 
価格 \2,420(税込)         

発行年月 2020年03月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 220p
大きさ 21cm
ジャンル 和書/人文科学/芸術/美術理論・美術史
ISBN 9784864631082
商品コード 1031471848
NDC分類 707
基本件名 美術教育
本の性格 テキスト
新刊案内掲載月 2020年04月4週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1031471848

著者紹介

白尾 隆太郎(著者):白尾 隆太郎(シラオ リュウタロウ)
1953年鹿児島県生まれ。東京教育大学(現筑波大学)教育学部芸術学科構成専攻卒業。勝井三雄デザイン研究室を経て、82年白尾デザイン事務所開設。2002年、武蔵野美術大学造形学部教授着任。現在通信教育課程デザイン情報学科デザイン総合コース教授。
主な仕事は、東京書籍・文英堂・筑摩書房教科書、沼津信用金庫CI 計画、群馬銀行CI 計画のデザインマニュアル、モリサワ「文字の歴史館」解説カタログ、味の素・乃村工藝社・鈴廣などの社史、ミサワホーム『住まいの安全を考える本』、石井幹子作品集『光の創景』(リブロポート刊)、大学広報ツール『武蔵野美術大学・インフォメーションブック』、横浜市下水道局デザインシステム開発、日本写真家協会50年写真集(平凡社)などのディレクション、デザイン。
編著:『イメージ編集』武蔵野美術大学出版局、2003 年。監修:『パッケージデザインを学ぶ』武蔵野美術大学出版局、2014年。『graphic elements グラフィックデザインの基礎課題』武蔵野美術大学出版局、2015年。
三浦 明範(著者):三浦 明範(ミウラ アキノリ)
1953年、秋田県生まれ。2011年、武蔵野美術大学造形学部教授着任。現在通信教育課程油絵学科絵画表現コース教授。春陽会会員。日本美術家連盟会員。
76年、東京学芸大学卒業。83-84年、文化庁派遣芸術家国内研修員。96-97年、文化庁派遣芸術家在外研修員としてベルギーに滞在、15世紀フランドル絵画を研修。
主な発表として「春陽展」、「東京セントラル油絵大賞展」、「昭和会展」、「安井賞展」、「具象絵画ビエンナーレ」、「両洋の眼・現代の絵画展」、 “Lineart”(ゲント)、“Masterpieces”(ブリュッセル)、“Kunst RAI”(アムステルダム)、「北京ビエンナーレ」、“PAN exhi biti on”(アムステルダム)、 “Hedendaags Realisme”(アントワープ)、「リアルのゆくえ展」などに出品のほか、個展多数。
主な論文として「15 世紀フランドル絵画の技法と材料」『女子美術大学紀要第』29号(99年)、「金属尖筆(メタルポイント)によるドローイング」『女子美術大学紀要…

内容

画家とグラフィックデザイナーによる美術大学における「学び」の解析。アートとデザインの違い、共通点をあげつつ、それぞれの学び方を指南し、美大でしか学べない魅力を説く!

アートvs. デザイン。その違いはどこにあるのか、両者に共通する基礎はあるのか。ムサビ通信教育課程「造形基礎」の教科書づくりはそこから始まった。アートが好きだ、デザインにも興味がある。さて、自分はどちらの方向へ進むべきなのか? そして、進んだ先には、どのような学びが待っているのか…悩める学生のために、画家とグラフィックデザイナーによる指南書。美大でしか学べないこと、美大生が身につけるべきこととは?

目次

カート

カートに商品は入っていません。