ホーム > 商品詳細

丸善のおすすめ度

公共健康情報学入門

小山 博史  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \3,960(税込)         

発行年月 2020年04月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 15p,261p
大きさ 26cm
ジャンル 和書/生命科学、医学、農学/医学一般/医学一般
ISBN 9784320124585
商品コード 1031551622
NDC分類 498
基本件名 公衆衛生
本の性格 テキスト
新刊案内掲載月 2020年06月2週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1031551622

内容

本書は,パブリックヘルス活動のための情報学に関する日本初の書籍である。米国のCDC (Center of Disease Control) では,パブリックヘルスアプローチとして問題の発見,原因の特定,介入の選択,社会実装の4 段階を提唱し,その実現のためのCore Sciences をpreventive effectiveness(予防効果),epidemiology(疫学),laboratory(検査学),surveillance(サーベイランス),informatics(情報学)としている。特に情報学を,パブリックヘルス活動を迅速かつ効果的に行うために必要不可欠な学問と位置づけている。そのため米国には教科書に類するものやCDC の専用ホームページがあり,米国主要大学では公共健康情報学講座の開設とともに学部から大学院教育の充実が図られている。一方日本では,公共健康情報学を専門とする講座や教科書が現状では存在しない。そこで,公共健康情報学への理解が少しでも深まることを目的として,筆者の10 年間の講義内容と米国の教科書等を参考に,国内の状況もできるだけ加味して本書はまとめられた。

目次

カート

カートに商品は入っていません。