ホーム > 商品詳細

丸善のおすすめ度

追跡間宮林蔵探検ルート~サハリン・アムール・択捉島へ~

相原 秀起  著

在庫状況 有り  僅少 お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \2,750(税込)         

発行年月 2020年04月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 14p,206p
大きさ 19cm
ジャンル 和書/人文科学/地理学/地誌・紀行
ISBN 9784832934061
商品コード 1031609760
NDC分類 292.92
基本件名 サハリン-紀行・案内記
個人件名 間宮/林蔵
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2020年06月2週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1031609760

著者紹介

相原 秀起(著者):1962年、横浜市に生まれる。北海道大学農学部卒。在学中は探検部に所属し、アフリカ、アジアを放浪。85年北海道新聞社に入社。社会部、根室支局を経て、95年からサハリン・ユジノサハリンスク支局駐在。2013年から同紙連載「極東」を担当。
現在、道新ぶんぶんクラブ事務局長。

【著作】
『新サハリン探検記:間宮林蔵の道を行く』(社会評論社、1997年)
『ロシア極東秘境を歩く:北千島・サハリン・オホーツク』(北海道大学出版会、2016年)
『一九四五占守島の真実:少年戦車兵が見た最後の戦場』(PHP研究所、2017年)
極東DVDシリーズ『アムール川・間宮海峡を行く林蔵の旅』(3部作、風交舎・北海道新聞社、2016年)
『ANA857便を奪還せよ:函館空港ハイジャック事件15時間の攻防』(柏艪舎、2019年)
                                      など

内容

間宮海峡を発見した男は、アイヌやニブフら北方先住民の力を借りて、サハリンからアムール川へと向かった。目撃したのは「幻の交易地デレン」。二百年後、著者は男の足跡を追いかけ、大陸への上陸地点を探し出した。――北辺の地に生きる人々の姿と大自然を描いた渾身のルポルタージュ!

目次

カート

カートに商品は入っていません。