ホーム > 商品詳細

丸善のおすすめ度

昭和16年夏の敗戦 新版(中公文庫 い108-6)

猪瀬 直樹  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \792(税込)         

発行年月 2020年06月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 289p
大きさ 16cm
ジャンル 和書/人文科学/歴史学/日本史
ISBN 9784122068926
商品コード 1031710043
NDC分類 210.75
基本件名 太平洋戦争(1941〜1945)
本の性格 学生用
新刊案内掲載月 2020年08月1週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1031710043

内容

各界の著名人が絶賛!
日本的組織の構造的欠陥に迫る、全国民必読の書

〈広く読まれるべき本。講演で何度もすすめている〉
 小泉純一郎(元内閣総理大臣)

〈データを無視し「空気」で決める。
 この日本的悪習を撤廃しないかぎり、企業の「敗戦」も免れない〉
 冨山和彦(経営共創基盤代表取締役CEO)

〈これは過去の歴史ではない。いまだ日本で起きていることだ〉
 堀江貴文

〈私は、本書をまずまっ先に読むように若い学生諸君に伝えたい〉
 橋爪大三郎(社会学者、大学院大学至善館教授)

〈結論ありきで大勢に流される日本の弱点が活写され、時代を超えて私たちに問いかける。
 あれからいったい何が変わったのか、と〉
 三浦瑠麗(国際政治学者)


日米開戦前夜、四年後の敗戦は正確に予言されていた!
平均年齢33歳、「総力戦研究所」の若きエリート集団が出した結論は「日本必敗」。それでもなお開戦へと突き進んだのはなぜか。客観的な分析を無視し、無謀な戦争へと突入したプロセスを克明に描き、日本的組織の構造的欠陥を衝く。
〈巻末対談〉石破 茂×猪瀬直樹

著者紹介

猪瀬 直樹(著者):猪瀬直樹

一九四六年長野県生まれ。作家。八七年『ミカドの肖像』で第十八回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。道路公団民営化委員、東京工業大学特任教授、東京都副知事、東京都知事を歴任。
主な著書に『ペルソナ 三島由紀夫伝』『マガジン青春譜 川端康成と大宅壮一』『ピカレスク太宰治伝』『道路の権力』『道路の決着』『天皇の影法師』『唱歌誕生』などのほか、『日本の近代 猪瀬直樹著作集』(全十二巻)がある。

カート

カートに商品は入っていません。