ホーム > 商品詳細

丸善のおすすめ度

海と地域を蘇らせるプラスチック「革命」

グンター・パウリ, マルコ・シメオーニ  著

日経ESG  編
枝廣淳子  監修
在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \2,200(税込)         

発行年月 2020年05月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 207p
大きさ 21cm
ジャンル 和書/理工学/環境科学・工学/環境科学・工学
ISBN 9784296106264
商品コード 1031738170
NDC分類 519
基本件名 環境問題
本の性格 学術書
新刊案内掲載月 2020年07月2週
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1031738170

内容

プラスチックはもう使ってはいけないのか?
海洋プラスチック問題が世界的課題になるなか、
ダボス会議で「21世紀のリーダー」の1人に選出され、
「ブルーエコノミー」や「ゼロエミッション」の提唱者でもある
サステナビリティ分野の起業家グンター・パウリ氏が、
プラスチックの生産方法と利用の仕方を変え、
経済を回す新しいビジネスモデルを提言しているのが本書である。
プラスチック問題の解決によって、海ばかりでなく地域も再生するシナリオを描いている。
環境ジャーナリストの枝廣淳子氏が監訳した。
プラスチック問題は国連のSDGs(持続可能な開発目標)にとって
重要なテーマであり、ESG(環境・社会・ガバナンス)経営を進める企業にとって必須の書籍である。

目次

著者紹介

グンター・パウリ(著者):世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で「21 世紀のリーダー」の1人に選出されたサステナビリティ分野の起業家。 廃棄物の排出をゼロにする「ゼロエミッション」や、海洋を保全しながら経済活動に結び付ける「ブルーエコノミー」の提唱者。 1956年ベルギー生まれ。聖イグナチオ大学経済学部を卒業し、1991年に世界で初めて「ゼロエミッション」の考えを取り入れた洗剤工場を建設。 94~97 年に国連大学学長顧問として「ゼロエミッション構想」を提唱し、多くの企業に影響を与えた。 96年に国連開発計画(UNDP)とスイス政府の出資で「ゼロエミッション研究構想(ZERI)財団」を設立して代表に就任。ローマクラブ会員。

カート

カートに商品は入っていません。