ホーム > 商品詳細

書評掲載
丸善のおすすめ度

フェミニズムはもういらない、と彼女は言うけれど~ポストフェミニズムと「女らしさ」のゆくえ~

高橋 幸  著

在庫状況 有り  お届け予定日 3~4日  数量 冊 
価格 \2,200(税込)         

発行年月 2020年06月
出版社/提供元
言語 日本語
媒体 冊子
ページ数/巻数 18p,205p,10p
大きさ 19cm
ジャンル 和書/社会科学/社会学/家族・世代
ISBN 9784771033801
商品コード 1031823755
NDC分類 367.1
基本件名 女性問題
本の性格 学術書/学生用
新刊案内掲載月 2020年08月1週
書評掲載誌 産経新聞 2020/08/23
商品URL
参照
https://kw.maruzen.co.jp/ims/itemDetail.html?itmCd=1031823755

内容

「もうフェミニズムに頼らなくても、女性だって活躍できる」
「女性差別がなくなった現代において、フェミニズムの時代はもう終わった」
と彼女は言った。
では、私やあなたの心のどこかに張りついている「女であることの不安」はいったいどこからくるのだろうか。
――「女らしさからの自由」と「女らしさへの自由」、どちらも実現できる世界をともに目指すために。

「ポストフェミニズム」という視点から、若い世代の性別役割分業や性行動の意識調査のデータを分析。さらにSNSにおけるハッシュタグ・ムーブメントや、雑誌『Can Cam』による「めちゃモテ」ブーム、「添い寝フレンド(ソフレ)」経験者などへの調査を通じて、現代社会における「女らしさ」のゆくえを追う。

目次

カート

カートに商品は入っていません。